グローリア

Global + Learning = Glolea!
Let's have positive relationships with diverse people
who have different cultures.
Study abroad with your kids to know our world for the
glorious future!

ちょっとグローバル志向な
ママ&キッズのための情報サイト
グローリア

中村春(Haru Nakamura)
Glolea! 英語絵本アンバサダー

英語教材編集者、大学の国際交流担当職員を経て、絵本の道へ。制作をメインに、研究、翻訳のほか、自身のレーベル「えほんののはら」で絵本を愛する人たちの交流イベントを手がける。ただいま1歳の娘の育児に奮闘中。

See more profile

はじめての英語絵本におすすめの4冊 vol.2「ディック・ブルーナ(ミッフィー)」編

こんにちは! Glolea!英語絵本アンバサダー中村春です。「はじめての英語絵本におすすめシリーズ」vol.2は、ミッフィーでおなじみのディック・ブルーナです。

はじめての英語絵本におすすめの「ディック・ブルーナ」ミッフィー

ミッフィー」または「うさこちゃん」として有名な、うさぎの女の子のシリーズ。誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

実は日本は、どこよりも早くミッフィーを翻訳して出版した国なのです! まだ英語版が出ていないものも、すでに日本語版は出版されていて、日本での愛されぶりがわかります。

 

そんなミッフィーのシリーズから、4冊をご紹介します。

1.「Miffy in the Snow/ゆきのひのうさこちゃん

Miffy in the Snow はじめての英語絵本におすすめの「ディック・ブルーナ」ミッフィー

ある朝ミッフィーが目覚めると、あたりは雪でまっしろ。

 

おおよろこびのミッフィーは、毛糸の帽子にマフラー、手袋で温かくして、そりにスケート、雪だるまづくり。でも、ちいさな小鳥が、雪でおうちがないと泣いていて…。

 

娘が0歳の頃、初めて雪が降った日に読んであげました。すっかり気に入って、何度もせがまれる、赤ちゃんから楽しめる1冊です

 

ミッフィーの絵本は、中学生くらいのレベルの英文で訳されています

to slide upon the ice, … An icy fall’s not nice.

の「アイス」と「ナイス」のように、韻を踏んでいる箇所がたくさんあります。

 

リズムを意識して、1行ごとに区切って読んであげると、英語特有のライムが体感できて心地いいです。

2.「Miffy and the New Baby/うさこちゃんとあかちゃん

Miffy and the New Babyはじめての英語絵本におすすめの「ディック・ブルーナ」ミッフィー

ミッフィーのお母さんのおなかが、まあるく大きくなりました。もうすぐ赤ちゃんが生まれるのです。

 

「やったー、わたし、おねえさん。」赤ちゃんのために、ミッフィーは絵を描いて、ぬいぐるみを編んで待ちます。

 

赤ちゃんの誕生は、上の子にとっては緊張するし、寂しくもあるもの。この絵本を読んで、赤ちゃんのために何か作って待てれば楽しいですね。

 

ミッフィーが学校へ持っていくお菓子は、オランダで出産報告に配る「ベスハウト・メット・マウシェス」というラスクのようなお菓子です。

ミッフィーの国ではこうやってお祝いするんだね。あなたが生まれた時は、こうしてお祝いしたんだよ

と、話してあげてもいいですね。

3.「Miffy at the Gallery/うさこちゃん びじゅつかんへいく

Miffy at the Galleryはじめての英語絵本におすすめの「ディック・ブルーナ」ミッフィー

美術館にやってきたミッフィー。絵に彫刻、モビール…。お気に入りの作品も見つかります。

 

「決めた、わたし、アーティストになる!」

 

この絵本には、実際のアーティストの作品がアレンジされて登場します。

 

たとえば、モビールはカルダー、ストライプの絵はモンドリアンの作品がモデル。ミッフィーがいちばん気に入った、カラフルな切り絵はマティス。

 

ブルーナさんはマティスが大好きで、その作品から影響を受けています

 

美術館は、小さな子にはちょっと退屈な場所かもしれません。

 

初めて美術館に行く前に、この絵本を読んで

一番のお気に入りを見つけて、ママに教えてね

とお話してみては?

4.「Miffy and Melanie/うさこちゃんとにーなちゃん

Miffy and Melanieはじめての英語絵本におすすめの「ディック・ブルーナ」ミッフィー

遠い外国のお友達、メラニーが、ミッフィーに会いに来てくれました。空港まで迎えに行って、お茶をして、遊んで、おふろに入って…。

 

ミッフィーは、メラニーが自分と違う色をしていることに気づきます。

 

「メラニー、あなたの茶色、とてもすてきね!」

 

ブルーナさんは、子どもに何かを考えさせる絵本も作りました

 

大好きなおばあちゃんの死と向き合う「Dear Grandma Bunny / うさこちゃんの だいすきなおばあちゃん」。

Dear Grandma Bunnyはじめての英語絵本におすすめの「ディック・ブルーナ」ミッフィー

※英語版は在庫切れ(2017年5月現在)

 

ミッフィーが万引きをしてしまう「Miffy is Naughtyうさこちゃんと きゃらめる」。

Miffy is Naughtyはじめての英語絵本におすすめの「ディック・ブルーナ」ミッフィー

※英語版は2017年8月24日出版予定

小さい子には早すぎるかも? と大人が思ってしまうようなテーマを、きちんと取り上げています。

 

茶色いうさぎのメラニーを登場させたのも、そのひとつ。

 

白いミッフィーと、茶色いメラニーが仲良くする様子は、肌の色の違う友達のことを思わせます。

 

ミッフィーのように、違いを素直にいいものと思えると素敵ですね

はじめての英語絵本おすすめシリーズ「ディック・ブルーナ」編:まとめ

いかがでしたか?

 

ブルーナさんの絵はとてもシンプルですが、どれも飾りたくなるほど素敵です。

 

それもそのはず、1枚の絵のために、100枚もの下絵を描いているのです。

ディック・ブルーナ ぼくのこと、ミッフィーのこと

シンプルでありながら、そこに人間味やユーモアが感じられるものを描きたい!
−− ぼくのこと、ミッフィーのこと p.45より

という、ブルーナさんの心が表れています。

 

ブルーナさんは、慈善活動のための切手デザイン、小児病棟の壁画、病気の理解を伝えるための絵本なども手がけています。

 

東日本大震災の時には、日本の子供たちのために、泣いているミッフィーの絵を贈ってくれました。

 

子どものために考え抜かれた、シンプルとユーモア、そして優しさ。誕生から50年以上たったミッフィーの絵本は、この先もずっと愛され続けていくでしょう。

 

作家別にお届けするはじめての英語絵本におすすめシリーズ、次回は「はらぺこあおむし」でおなじみのエリック・カールの絵本を紹介します。お楽しみに!

更新日: