グローリア

Global + Learning = Glolea!
Let's have positive relationships with diverse people
who have different cultures.
Study abroad with your kids to know our world for the
glorious future!

ちょっとグローバル志向な
ママ&キッズのための情報サイト
グローリア

井口寛子(Hiroko Iguchi)
Glolea! 上海在住フリースタイルアンバサダー

日本では、プロデューサーとして販売促進活動や広告制作、イベントなどプロジェクト・マネジメントに従事。ファッション、プロダクトデザイン、建築、アートが大好き。"不覊自由"なライフスタイルを求め、2011年11月より生活ベースを上海へ。"グローバル"を教育モットーに子育て奮闘中。現在は国際幼稚園に勤務。

See more profile

上海での生活で得た3つのスピリット&心構え

はっきりした性格ですが、グイグイいくタイプでもない私。

 

話かけるのは苦手な方で、様子をお伺いしてしまうタイプです。日本人は常に周りに目を向け、気にする気質な気がしますが、

中国・上海は日本とは違う…

ということを上海暮らしで痛感する中、これではダメなんだなぁと感じる日々です。

 

今回は、上海暮らしの心構え&上海に移住してから体得した3つのスピリットについてお届けします。

上海暮らしの心構え1:レストランの場合

上海のレストラン

上海では、メニューをオーダーする時、遠慮していては先越されて待たされてしまいまいます。

 

横入りはしたくないですが、タイミングを見計らって店員さんを呼び止めないと、日本のように気を配って自らオーダーを取りに来てくれるような店員さんはほとんどいません。

 

それから注文したもの&数が合っているか…きっちり確認しなければなりません。

 

日本ではあまり間違うことはありませんが、上海ではオーダーが間違っていたり、通っていなかったりすることもよくあります。後から違う事に気付いても時既に遅し…確認しなかった自分の責任なのです。

 

一方、日本ではサービスの質が高く、細やかな所にまで気がつく人が本当に多いと感じます。またガツガツ積極的に行きすぎると、周りの空気が読めない人、というような印象も持たれがちですよね。

 

でも上海では、他人を気にしていないし、はっきり言って他人に興味がない!! ので、攻めの姿勢でいることが大事だと感じます。

 

とはいえ、現地人のようにはガツガツいけませんが。。。

上海暮らしの心構え2:タクシー編

上海のタクシー

ドライバーにもよりますが、相手が中国人でないとわかるとわざと遠回りをしたり、メーターをいじっていて通常より高額を請求されたりすることがあります。

 

日本なら、乗客よりもドライバーの方がよく道を知っていて、渋滞を避けて早く到着するとても良心的なイメージですが、上海ではあえて渋滞する道を走られたり、必要以上に遠回りをしたりすることが割とよくあります。

 

アプリを使えば道順や距離、金額は予測できます。

 

ただ、問題はドライバーに中国語でどこまで伝えられるかどうか、が鍵です。途中でおかしいと感じて質問したりすると

上海のタクシー

渋滞しているから

あの道は工事しているから

こっちの方が信号がなくて早いから

などそれなりの返答をされます。

 

初めて通る道はそれでも納得するしかないこともありますが、何度も通っている道であれば

この道を通ってください

と道順を指定することにしました。

 

その方が安心して乗っていることができますし、もし自分が指定した道が渋滞してしまっても、気持ちの整理がつきやすかったりします。

 

たまーに感じの良いドライバーに当たることもあります。

 

友人宅から帰る時、アプリでタクシーを呼びました。通常はドライバーを待たせることはないのですが、雨だったので先に呼んでから外に出ることにしました。しかし呼んですぐにタクシーが到着し、電話がかかってきました。

 

ドライバーを待たせることになった上に、この時、ピックアップポイントを間違えて伝えていることが発覚。

 

そうなると、走っていってしまわれても致し方ない状況なのですが、その方は快く友人宅へ回ってきてくれました。

 

走行中も道順を確認してくれたり、お子さんの話や何やらしている間にすぐに到着。さすがにここまで良いドライバーさんはなかなか当たらないものですが、この日は本当にラッキーでした!

上海暮らしの心構え3:何でも経験

上海の街並み

当たり前ですが、上海では良くも悪くも日本では経験できない体験をたくさんします

 

でも大切なのは、その後のこと。

  • 異文化や異習慣を受け入れるのか
  • 自己を尊重するのか
  • このまま流されていくのか
  • 自分で漕ぐのか

人によっては、異なる環境にすっと馴染める人もいます。でも私は、気になるものは気になるタイプのようでした。

 

そんな発見もまた新鮮だったりします。

上海での生活で得た3つのスピリット&心構え:まとめ

  1. 積極的に自分から
  2. 相手任せにしない
  3. 自己主張をきちんとする

この3つのスピリットは、私の上海生活の日常的なスピリットです。

 

お互いが自己と自己の“個”であることをとても強く感じています。そのためにはまず自分と向き合わなくては!?

 

次回の連載記事では「上海で映画館に行こう」というテーマにてお届けします! お楽しみに。

更新日: