マレーシアのインター留学って実際どう!?留学中の現役高校生に聞く!長期マレーシア親子留学・母子留学・単身留学〈ロングインタビュー〉

内海 裕子 (hiroko utsumi)
Glolea! [グローリア]編集長

グローバル化する社会の中、教育をテーマにした記事や各種報道などで、マレーシア親子留学母子留学教育移住という言葉がメディアを賑わせることが増えてきています。

 

では、実際に日本からマレーシア留学を決意した高校生は、実際にマレーシア留学をしていてどう感じているのでしょうか。

 

Glolea![グローリア]編集部は、今、教育移住の地として話題の国であるマレーシアの中でも、首都クアラルンプールへ飛び。マレーシア国内で唯一カナダ・オンタリオ式の教育プログラムを取り入れているクアラルンプール近郊にある「Sunway International School」という現地インターナショナルスクールに留学中の高校生に、10代の留学当事者目線から、リアルなマレーシア親子留学&単身留学事情についてお伺いしてきました。

マレーシア高校留学中のインターナショナルスクール生徒達

Interviewee Profile

清川さん
小学6年生まで日本で暮らし、小学校卒業後、マレーシア第2の都市ジョホールバルのインターナショナルスクールへ母と妹と共に母子留学開始。2年間のジョホール生活の後、Grade9(日本の中学3年生に相当)より首都クアラルンプールのインターナショナルスクールに移籍。今年、高等部卒業予定。

ゆうさん
韓国生まれ。誕生直後から中学3年生2学期まで日本で育ち、3学期からマレーシアへ単身留学開始。現在Grade11(日本の高校2年生)。今年、高等部卒業予定。

——— お二方はそれぞれ、なにがきっかけで留学をすることになったんですか?

 

ゆうさん

私はずっと留学に憧れを持っていました

 

両親も留学するなら大学からとかではなく、もう少し若い年齢で…と思ってくれていたので、自分の意志と親の協力もあり高校から単身留学することを志し今に至ります。

 

清川くん

僕の場合は、小学4年生の時に、幼馴染と2人で1ヶ月間イギリスで全寮制の学校(ボーディングスクール)に入る機会があったんです。

 

当時は英語も全然話せる状態ではなかったので、イギリス到着直後はみなさんが話している言葉もさっぱりわからず、初めてだらけの経験に戸惑うことばかり。

 

でも、親元を離れてイギリスでの1ヶ月間の生活を結構楽しめることができたので、親も今後の進路としてオーストラリアの学校などを視察するなどしてくれて、物価なども色々検討しながら、最終的にシンガポールに近く、インターの選択肢も多いマレーシアのジョホールバルにしようということで、マレーシアで僕・妹・母…3名で母子留学することになりました。

 

3年間ジョホールバルの小さなインターナショナルスクールで学んだのですが、より設備などが充実している大規模な学校で学びたいと思い、母と相談し様々検討を重ね、高校から親元を離れ、クアラルンプールに単身留学することになりました。

「マレーシアが熱い!」とマレーシアに興味を持ち親の後押しもありマレーシア留学を志しました

——— 豊富な選択肢があるアジア留学の中でも、最終的になぜマレーシアという選択になったのでしょう?

 

ゆうさん

とあるテレビ番組で、マレーシアについてのランキング特集をやっていたんです。

 

様々な言語が話せる国ランキングとか、海外移住で人気の国ランキング…といった世界各国比較をする番組でマレーシアが1位だったんです。それを観て

なんだか今、マレーシアが来てる! 熱い!!

私自身のマレーシアへの興味が高まっていて。

 

また、両親も、マレーシアはものすごい勢いで発展している国で、日本からのアクセスがよく、時差も短い。そして、寮を完備している良質なインターナショナルスクールがたくさんある…ということで、留学先のインターナショナルスクール候補もいくつか提案してくれるほどで。


家族みんなで

よし! マレーシアにしよう!

という感じでした

 

そして、未知なる国マレーシアにわくわく胸ときめかせ、実際にマレーシアに飛び現地視察。

マレーシアのインターナショナルスクールの授業の様子

▲パソコンは1人1台。授業・レポート・プレゼンでパソコンを使いこなすのは当たり前とのこと!

 

最終的に絞り込んだ候補校から、施設の良さや、実際の授業の様子、色々な国から来ている生徒さんの様子などを総合して、こっちの学校を卒業できたら良いなと思い、現在の学校に入学を決めました。

▲マレーシア・クアラルンプールへは日本の各空港(羽田・成田・関空・千歳)から直行便で約7〜8時間程度の距離感。赤道に近い国のため、南国らしい景色のある都会の風景が広がります。

 

多様性・アジア各国の近さ・食事の美味しさ・みんなのフレンドリーさがマレーシアの魅力だと感じています

——— マレーシア留学して良かったと思う点は?

ゆうさん

多様な文化が身近にある点がマレーシアの良さだと感じています。

 

清川くん

うんうん。そうだね。あとは、マレーシアにいるとアジア各国が身近なことも魅力の一つだと思います。

 

アジア各国への航空券もクアラルンプールからであればリーズナブル。フットワーク軽く海外旅行できることもポイントです。

 

先日も、同じ学校に通うトルクメニスタン人の親友と一緒に、二人で飛行機に乗ってフィリピン旅行に行ってきたばかりです。

 

ゆうさん

そうそう、マレーシアは各国近くて行きやすいよね! 学校のみんなも休み中は色々な国に遊びに行ってる

 

清川くん

あと、食事の美味しさも重要。

 

マレーシア料理はもちろんのこと、和食や各国料理が安くて、美味しい! 僕達高校生は食べ盛りなので、食事が美味しくて安いのはとっても助かっています

 

ゆうさん

もうひとつ魅力を挙げるとしたら…

 

様々な国から来た生徒達みんながフレンドリーで楽しいというのがマレーシア留学してよかったなと思うところです。

 

清川くん

うんうん。そうだよね。すごくフレンドリー!

 

僕、日本にいた頃は、もともとシャイで引っ込み思案でした。実は、誰とも話したくない…というくらい人見知りで(苦笑)

 

そんな小学生時代の僕を見守ってきた元キャビンアテンダントの母は、一度、海外に出ることで、引っ込み思案を克服し、積極性を得ることができるのではないか…と考え始めたのだそうです。

 

また、僕が大人になる頃の未来には、より一層、英語でコミュニケーションできることの重要性は高まるということも感じていたようで、様々な観点から僕の海外留学を家族で検討しはじめたようです。

マレーシア留学で注目されているクアラルンプールのインターナショナルスクール

▲様々な動画素材を利用しながら学びを深められる設備も完備。

マレーシア留学を通じて積極的になりました!

——— マレーシア留学を経験して、狙い通りの積極性は身につきましたか?

 

清川くん

はい!

 

今ではみんなに

日本人離れしているね!

と言われるくらい、フレンドリーで積極的になりました

 

こちらの学校は、みんなフレンドリーですし、プレゼンを通じて人前で発表する機会も多い

 

引っ込み思案な自分では到底やっていけないんです。昨日も2本プレゼンしてきました。

 

ゆうさん

私も、マレーシアに来てから積極的になりました。

 

日本だと、間違えることに対して厳しい感じがあるのだけれど、マレーシアは多民族国家なので、みんなが違うことがあたりまえ

 

だから、間違えることに対しても気にする人がいないんです。

 

間違えてしまいそうだから臆するということも、間違えたから恥ずかしいということもない。コミュニケーションがよりオープンで、みんな話しやすいんです

英語力ゼロから思うようにコミュニケーション&プレゼンできるようになるまでに約3年かかりました

清川くん

「マレーシアの生活に慣れたな〜」と実感できるようになったのは約1年程かったかなと思います。

 

来たばっかりの頃は英語も分からなかったですし、もともとシャイで人見知りで引っ込み思案だったのでずっと黙っていて(苦笑)

 

でも、当時のクラスメイトのインド人の友人がものすごく良くしてくれて、いっぱい話しかけてくれたおかげで学校生活が楽しくなり始めたんです。今でも彼とは連絡を取り合っていて仲良くしています。

 

あと、英語という面においては、完全に英語力ゼロの状態でマレーシアに来たので、英語で授業の全てを理解し、思うように会話をしたり、プレゼンできるようになるまでには…約3年程かかりました。

 

小学校卒業後にマレーシア母子留学がはじまったので、英語で全てを理解できるようになるまで、中学3年間かかった計算になりますね。

 

でも、まだ日本語のボキャブラリーの方がずっと多いです。

マレーシアのインターナショナルスクールの図書館の様子

▲所蔵数の多いスクールライブラリー

 

ゆうさん

私は、中学3年生の12月に日本の公立中学校卒業前からマレーシア留学を開始したのですが、日本の中学校で勉強するような文法や単語レベルの英語は得意で好きでした。

 

しかし、マレーシアに来てから

日本の中学英語が好きで得意でも、英語が全然通じない!

ということを思い知りました

 

英語が話せない…という状態から、英語集中プログラムに入り英語力をあげて、今では英語での授業にも慣れた感じです

とにかく授業が楽しい&友達もたくさん増えました!

自習室

▲サイレントスタディーゾーン。宿題や自習もバッチリはかどります。

———  留学中の学校で「ここが気に入っている!」と思うところは?

 

ゆうさん

とにかく授業が楽しい

 

選択できる授業のオプションもたくさんあって、好きな授業を大学のように単位制で取ることができるんです。

 

清川くん

授業の科目ごとにクラスメイトが違うので、友達もものすごく増えるんですよ!

マレーシアでは勉強だけでなくクラブ活動や旅行なども大満喫しています

 

——— 勉強以外で楽しんでいることはありますか?

 

清川くん

僕は、学校のラグビー・チームと、サッカー・チームに所属しています。チームというのは選抜試験があって、試験をパスした人のみが入れるものです。

 

あとは、試験などなく気軽に入部できるサークル活動では、ホッケー・サークルに所属しています。その他にも、学校外で野球などもしていて、とにかく日々楽しく充実した生活を送っています

 

ゆうさん

私は食べるのが好きなので、お料理しながら英語力もアップできたらいいなと思って、マレーシアに来たばかりの頃は学内のクッキング・クラブに入っていました。みんなでキャンプしたり、楽しかったです。

 

最近はヨガ・クラブでヨガを楽しんでいます。

 

旅行も楽しくて、この間は、寮の旅行でタイに訪れました。マレーシアにいると行動範囲が広がり、エアチケットも安いのでアジア各国が本当に近く感じます

 

英語&パソコン…がマレーシア留学最初の壁でした

——— マレーシア留学をはじめて、一番困ったことは?

 

清川くん

英語でのコミュニケーションです。

 

ゆうさん

だよね〜! わかる。

 

インターナショナルスクールは宿題も多いし、留学当初は、英語も全然わからなかったので、宿題も何が宿題かもわからないくらいで、とにかく先生に聞きまくっていました

 

 

おまけに、高校に入ってからはじめてパソコンを本格的に使い始めたので、パソコンでレポートをつくるということも困りましたね。

 

今では、英語もパソコンにも慣れて全然大丈夫ですが。

留学中の当事者としては…中学生からの留学がおすすめです

——— 留学した10代の当事者として、自らの経験や他の生徒を観ていて実際はどのタイミングでの留学がおすすめと感じていますか?

 

清川くん

もし英語力がゼロの状態からの留学を検討していて、短期留学ではなく、高校卒業を目指す形の海外留学の場合は…できれば中学生のいずれかのタイミングで、親子留学・母子留学・単身留学いずれかで来ることをおすすめします。

 

高校1年生相当にあたるGread10までにこちらに来ていれば、生活にも英語での授業にもある程度慣れた状態なので、大学の進路選択でも困りません。

 

様々な選択肢から英語も駆使し、将来を見据えた進路選択にじっくり取り組むことができると思います。

 

もし、Gread10を過ぎてから留学する場合は、完全英語環境での授業や宿題…等、日々の生活になれるのに精一杯で、進路の検討までするのはちょっと大変かなと思います。

 

逆に、小学生までの小さな年齢の長期海外留学をするお子様の場合は、日本語の読み書きに不安が残ります

 

日本語も英語もほぼ同じレベルで使い分けができる状態というのは重要かなと思います。

留学生の日本一時帰国は年に数回&電話は週に1回以上?

——— 今、どれくらいご両親のいる日本のご実家に帰ってますか?

 

ゆうさん

私は夏休みと冬休み…年に2回です。

 

清川くん

僕は去年5回帰りました。

 

——— 電話はどれくらいの頻度でしていますか?

ゆうさん

電話は1週間に1回くらいの頻度かな。

 

清川くん

僕はもっと多いかも…。両親からもかかってきますし、祖父母からもかかってくるので(苦笑)

 


——— 高校卒業を目の前にして、自分の夢や将来の希望などはどのように想い描いていますか?

マレーシア高校留学・マレーシア中学留学

▲トロピカルウエザーのマレーシア! クアラルンプール近郊は豊かな自然と、都市の調和がとれていることも魅力的です。

清川くん

僕は飛行機のパイロットになることが夢なんです。

 

色々比較検討して、航空学を学べるカナダの大学に進学し、夢を叶えたいと思っています。

 

ゆうさん

まだ将来どのようになりたいか…というのは模索中ですが…大学進学は中国やシンガポールなどに興味を持っていて、現在検討中です。

マレーシア留学を通じて人生の選択肢が大きく広がりました!


——— これからマレーシア留学を検討している後輩達にメッセージがあれば

 

清川くん

僕自身、マレーシアで、様々な人達と出会い、英語・日本語両方の言語を自分のものにしたことで、人生の選択肢が本当に大きく広がったと実感しています。

 

留学したら、日本人留学生だけで固まらず、様々な国の人達とコミュニケーションを取ることを大切に、楽しんでもらえたらなと僕は思います。

 

…実は、日本の高校で学園祭や体育祭とかはちょっと経験してみたかったな…という気持ちもありますが(笑)

 

日本しか知らなかった僕と、マレーシア留学を経験し、世界各国の友達がいて、積極性を身に着け、視野も行動範囲も世界へと広がった自分を比べると、断然今の自分が好きです

 

ゆうさん

マレーシアに来て視野が大きく広がったと感じています。

Just Come! マレーシア留学は楽しいよ!!!

って留学検討中のみんなに伝えたいです!

 

−−−清川さん、ゆうさん、今回は貴重なご経験をお話いただきありがとうございました!

 

今回は、マレーシアで実際に寮併設のインターナショナルスクールで学ぶ高校生のお二人に「実際にマレーシア留学を経験してのリアルな本音」を対談記事にてお届けいたしました。

 

インタビュー後記:
現在高校生としてマレーシア単身留学中の清川さん&ゆうさん。
10代のお二人のお話をお伺いさせて頂き印象的だったのが、マレーシアに留学する機会を持つことにより『自分の人生の可能性は大きくひろがった!』と、心から実感されていることでした。お二人とも、英語力はほぼゼロの状態からの本格的なはじめての海外生活。100%英語環境での授業・宿題・寮生活…様々苦労することはあっても、高校生ならではの柔軟性と感性であっという間に困難を克服し、多様性のあるマレーシアをたくましく味わい尽くしている様子。そして、世界各国の友達とコミュニケーションを育みながら、キラキラ輝く瞳で自らの未来を自らの力で切り拓く強いエネルギーを感じました。世界全てが自分の活躍できるフィールドととらえている姿にも頼もしさを感じた取材でした。これから、子供の将来に『留学』という事をぼんやり検討中のファミリーや、本格的に今年・来年にも…と動き出しているファミリー、留学したいと思っている中学生や高校生の皆さんにとっても、重要なキーワードがこのインタビューに溢れています。ぜひ、今後のの教育を検討する上で、一つでも、二つでも参考になるようなエッセンスを本インタビュー記事でお届けできていたらこんなに嬉しいことはありません。


取材協力

サンウェイインターナショナルスクール

Sunway International School

カナダ・オンタリオカリキュラムを提供しているマレーシア現地インターナショナルスクール。カナダ人講師が多く、ICT教育にも積極的、放課後の課外活動も盛ん。寮完備のためお子様の単身留学も可能。


マレーシア留学エージェント「おまかせマレーシア」

おまかせ!マレーシア KNAIN MALAYSIA SDN.BHD.

マレーシア留学専門の留学エージェント。日本人常駐のマレーシア現地サポートデスクが留学をサポート。緊急時の24時間電話対応やお悩み相談など、快適な留学サポートに定評あり。

現地インターナショナルスクールの視察・母子留学・教育移住相談はもちろんのこと、1週間からのお試しも可能なマレーシア親子留学≫

この記事を執筆したGlolea!アンバサダー

内海 裕子 (hiroko utsumi)
Glolea! [グローリア]編集長
Glolea![グローリア]

世界をポジティブにつなぐ子ども&ファミリーを世界中に増やしたいという想いから、ちょっとグローバル志向なママ&キッズのための情報サイトGlolea![グローリア]創刊。大学卒業後NY&ペンシルベニアで小学校の先生を経験後Webプロデューサー・編集者に。趣味は、息子との「プチ親子留学」に思いを馳せること。資格:英語学習コーチ。

お得な無料プレゼントやキャンペーン情報をお届けします![不定期配信]