グローリア

Global + Learning = Glolea!
Let's have positive relationships with diverse people
who have different cultures.
Study abroad with your kids to know our world for the
glorious future!

ちょっとグローバル志向な
ママ&キッズのための情報サイト
グローリア

サンシャインマキ
Glolea! アットホーム留学アンバサダー

ママ・パパが先生に! 子供たちの「やさしいこころ」と英語の「たのしさ」を育む、親子のためのあたらしい「楽」習、 アットホーム留学プロデューサー。英語が必須な時代だからこそ、伝えたい気持ちが伝わる、生きた英語を学べる環境が子どもたちへの最大のプレゼントになります。アットホーム留学では、英語を軸に、親子のこころにはたらきかけながら、苦手意識につながらない、自然に学べる環境を、「アットホーム留学つうしんこうざ」や、各家族完全カスタマイズ型「Skype親子英語レッスン」を通じて提供しています。

See more profile

「How was it?」お出かけに使える親子英語&今日から使えるフレーズPart 30

 感性豊かに伝える“お出かけ”のための親子英語フレーズ
「どうだった?」は英語で何て言う?

「どうだった?」は英語で何て言う?

▲子供と一緒にお出かけした時に使ってみたい親子英語「How was it?」使い方のポイントはある?

How was it?/ どうだった?

お出かけした時に、楽しかった気持ちを一緒に共有したい。

 

でも、気持ちの押しつけは避けたいですね。一緒にお出かけした人やママと子供達…違う感想があってもいいものです。

「どうだった?」に対する子どもたちの英語の返事例

  • 楽しかった! / It was fun!
  • 良かった! / It was nice!

この「How was it?」という表現は、”外出自体”がどうだったかを聞いていて、実は子どもたちの感情を直接
聞いているわけではありません。

 

どう感じたかを聞きたい場合は

How did you feel?  / どう思った(感じた)? 

と聞いても良いと思います。

 

お子様によってはちょっと上級レベルの返事になるかと思いますが、ぜひチャレンジしてみてくださいね!


楽しいと思った! / I thought it was fun.

なんて返事が帰ってくるとお子様と一緒にお出かけしたママもうれしいですね!!

感性を磨くワンポイント親子英語レッスン

前回、ママの気持ちを伝えるとき、「I」つまり、ママだけの気持ちに焦点をあてました。

よく

We had a good time. / 楽しかったね!

と言ってしまいがちですが、これだと、子どもたちの「かん」じる力、表現する力が弱くなってしまいます。

 

是非、子どもたちに感想を聞いた上で、共に楽しんだとわかった場合にWe had a good time!と共有してみてください。

 

次回も感性豊かに伝える、お出かけに使える親子英語フレーズをお届けします。是非、明日のお出かけに実際に使ってみていただければ嬉しいです★ 

今日お届けしたフレーズの詳細は、私が毎朝5時半に配信している「365日 1日3分スマホで学ぶ 感性を磨く子育て英会話のメルマガ」内でもお伝えしています。

本連載シリーズでは「お出かけに使える英語フレーズ」をお届けしています。出かける前のフレーズ、公園で使えるフレーズ、その他外出先で使えるフレーズなどを連載していきます。簡単な形で親子英語を生活に取り入れながら、ママも子供たちも感性が磨かれていくような親子英語フレーズを取り上げます。一気に覚えようとするのではなく、1日1フレーズずつ…のペースで増やしていってみてください。英語を単に「話す」だけではなく英語の美しさ、ママの優しい気持ちを「伝える」感じで話しかけてあげてくださいね。毎日繰り返して表現してみることで、次第に子供たちも英語に反応してくれるようになりますよ! 外出=感性を豊かにする行為そのもの。ママも子供達と一緒に、様々なものを感じてくださいね!

更新日: