Global + Learning = Glolea!
Let's have positive relationships with diverse people
who have different cultures.
Study abroad with your kids to know our world for the
glorious future!

ちょっとグローバル志向な
ママ&キッズのための情報サイト
[ グローリア ]

ちょっとグローバル志向なママ&キッズのための情報サイト

世界の子育て・教育スタイル

From Glolea! Ambassadors.

船山 直子(Naoko Funayama)
Glolea! はじめてのハワイ親子留学アンバサダー

長男6歳、長女1歳の子どもたちをバイリンガル子育て中。長男とは、すべて英語で生活。日本の英語嫌いをなくすためには、幼少期から母親が英語を楽しんで子育てに取り入れること、をモットーに活動。鎌倉英会話教室PePe ENGLISH SALON代表、通訳案内士。毎年夏に「英語の先生と行く!ハワイ親子留学」を実施。

Web Site

プロフィール詳細

詳細プロフィール・バックグラウンド

1歳と6歳の子供たちにバイリンガル子育てを実践しながら、鎌倉で英会話教室を主宰。同志社大学卒業。在学中にノースカロライナ州へ留学。日系や外資系企業、大手英会話教室、インターナショナルスクールでの講師を務めた後、大手ゲーム会社の海外担当人事部に所属。

 

2013年に退職と同時に、現在の鎌倉英会話教室PePe ENGLISH SALONを立ち上げ、0歳からの親子英語から、大人の英会話を教える。

 

2015年には鎌倉市教育委員会主催の、英会話講座講師を務めた。

 

英語が言葉だということを体で理解すれば「英語が嫌い」という感情がなくなる。
息子が3歳の時に出会った、親子留学はその近道となると考え、2015年からハワイ親子留学をお教室事業の一環としてスタートさせる。

 

6歳になる息子が0歳のころから、少しずつバイリンガル子育てをはじめ、今では私と息子の会話はすべて英語になりました。肌の色や言葉で、人を区別することなく、「みんな地球人!」という感覚で育てたい。これがバイリンガル子育てを始めた、きっかけの一つ。日本人の両親で日本に在住、そんな息子が流暢に英語を話します。

 

その大きな秘密が親子留学にありました。親子留学の魅力、息子や生徒さんたちが受けたカルチャーショック、帰国後の変化など、たっぷり連載を通してお伝えします!

 

アンバサダーからのメッセージ

親子留学って、できる期間が限られていて本当に貴重な体験だと思います。私が初めて親子留学を経験したのは、息子が3歳の6月。

 

当時はまだ会社を退職し、英会話教室を始めたばかり。それほど生徒さんもいなくて、これからどうやってお教室をやっていこうかな、といろいろ考えを巡らせていたころ。

 

そんな時ハワイに行き、初日から英語を話す息子を見て、バイリンガル子育ての真骨頂を見た気がしました。これだ! って思ったんです。

 

バイリンガル子育てに 興味のある皆さんに経験してほしい。

 

英語が苦手だから、と親子留学をあきらめてほしくない! そんな思いでお教室の親子さんと一緒にハワイへ渡航しています。滞在中は同じコンドミニアム滞在、子どもたちは現地スクールへ、ママたちは私の英会話レッスンを受講。まるで合宿のようなハワイ。

 

ママと離れたくなくて、プリスクールに行きたがらない子供たちをなだめ、説得し、何とか毎日送り届けるママたち。そして、担任の先生と話し、子供たちの登園中の様子を確認する、という私からの課題もこなしてもらいます。そんな親子さんの奮闘レポートを皆様にお届けします。

 

今しかできない親子留学を もっとたくさんの人に知ってほしい、そんな思いでGlolea!初めてのハワイ親子留学アンバサダーを務めさせていただきます。

Cook
Oct 31, 2014

アメリカのお菓子
バナナブレッド

簡単! 美味しい! ニューヨークのママ直伝の「バナナブレッド」

水谷景子 (Keiko Mizutani) Glolea! 世界の料理アンバサダー

Cook the world