グローリア

Global + Learning = Glolea!
Let's have positive relationships with diverse people
who have different cultures.
Study abroad with your kids to know our world for the
glorious future!

ちょっとグローバル志向な
ママ&キッズのための情報サイト
グローリア

塩見直子(Naoko Shiomi)
Glolea! ニューヨーク子育てアンバサダー

2015年9月より、1年間の期間限定でニューヨークに移住。マンハッタンにて、2人の幼い娘を育てる現役ママ。渡米前は、日本で弁護士をしていたが、渡米を機に辞職。ニューヨークでは、語学学校に通いながら、子育て中心の生活を送る。幼少時代は5年間ブラジルで生活し、中高時代はオーストラリアとハワイに短期留学の経験がある。

See more profile

子連れでの海外引越し準備…事前に必ずチェックしておきたい3つのポイント!

想像以上に大変! 子連れでの海外引越し準備

子連れで海外引越し

▲子連れでの海外へのお引越しは想像以上に大変です。充分な時間の余裕をもって事前準備を!

子どもを連れて、引越しをされたことがありますか? 私は子どもを出産してから、計3回、東京都内で引越しを繰り返してきましたが、海外への引越し作業は、国内での引越し作業に比べて何倍も大変でした

 

海外への引越しということで、

(1)役所での各種手続き

(2)健康保険に代わり海外旅行保険への加入

(3)ドル建て口座の開設

(4)航空券のチケット手配

(5)航空便と船便に分けての荷造り

…等。私は、渡米直前まで仕事をしていたため、平日の仕事の合間に各種手続きを済ませ、夜、子ども達が寝静まってからこそこそと荷造りをするしかなく、その準備は思った以上に大変でした。

 

そんなわけで、海外引越し準備は全体的にとても重労働だったわけですが、ここでは、子連れならではの、大変だった3つの準備事項についてご紹介したいと思います。

子連れでの引っ越し準備チェックポイント1
何より大切な「子どもの学校選び」!

まず、渡米が決まった時に真っ先に気になったことは、現地で3歳になる長女のスクールのことでした(日本では、私がフルタイムで働いていたため、都内の認可保育園に入園させていました。)。

 

長女はちょうど渡米時の9月に3歳になるため、現地のプレスクールに入園させたいと思い、入園できる先を探すことにしました。ですが、マンハッタン(NY)のプレスクールは受験戦争が激しく、今年の9月入園の枠は、既に昨年の秋の受験を経て入園者が決定しており、入園が厳しい状態でした。私は、マンハッタンにある3歳児受け入れ可能のプレスクール20ヶ所ほどにメールをしましたが、大半はメールの返信すらなく、あっても空きはない旨の連絡のみでした。

 

諦めかけていたとき、現地に住んでいる友人が、私が第一希望にしていたプレスクールに直接電話をしてくれて、幸運にもそのプレスクールに入園できることとなったのですが、この学校選びは、今回の渡米準備の中で最も大変なことでした

 

これから子連れ海外のご予定がある方は、お子さまの年齢にあったスクールの手配はできるだけはやく準備しておくことをおすすめします。

子連れでの引っ越し準備チェックポイント2
医療面が心配…病院探しと予防接種

子連れ海外移住前にチェックすべき現地の医療体制・予防接種

▲アメリカの場合、予防接種をきちんと受けていないと入園・入学することすらできないのです…

次に、渡米にあたり気になったのは、現地での医療サポートでした。

 

子どもといえば、何の前触れもなく突然高熱を出す生き物…(笑)。渡米した翌日に発熱…という事態も見越して、「何かあった時」のために、事前に病院探しをしました。インターネットの情報や、NYに住んでいる友人らの話により、マンハッタンには日本人医師のいる病院も多く、日本語対応の病院もたくさんあるということが分かり、その面では少し安心することができました。

 

また、長女も次女もまだ予防接種がたくさん残っていたので、予防接種についても気に留めておく必要がありました。アメリカのスクールはどこも予防接種に関しては非常に厳しく、予防接種をきちんと受けていないと入園することすらできません

 

そこで、子どもたちがきちんとアメリカの制度に合致した予防接種を受けているかどうかを一度確認する必要があるのです。これは、渡米後、現地の病院にて確認してもらうのですが、そのために、プレスクールや病院によっては母子手帳の英訳の提出を要求される場合があります英訳は、専門の医療機関に依頼することもできるようですが、私は自分で英訳をしたので、これは地味に面倒な作業でした。

 

母子手帳の英訳を外部に委託する場合にはインターネットで『母子手帳 英訳と入力すれば外部委託機関をすぐに見つけることができます。

子連れでの引っ越し準備チェックポイント3
子どもの荷物は何を持っていく?

子連れ海外移住…子供の持ち物最後に、悩みに悩み、子どもの荷物は、最低限のものにとどめました。子どもの洋服はどうせ数ヶ月でサイズアウトしてしまいますし、現地にはもっと可愛いデザインのものがあるだろうという期待を込めて!

 

おもちゃについては、現地ではなかなか手に入らないであろう

  • 日本語の絵本
  • 日本語のドリル
  • 折り紙

…ぐらいにとどめ、あとは寂しくないように、お気に入りのぬいぐるみを詰めました。

まとめ:十分な時間の余裕をもって、前もって準備を!

私も甘く見ていましたが、子連れでの海外お引っ越し準備は、思った以上に時間がかかります。荷造り1つとっても、やんちゃ盛りの2歳11ヶ月の長女と、何でも触りたがる9ヶ月の次女が、私が段ボールにいれたそばから、荷物を取り出しておもちゃにして遊ぶため、1箱詰め終わるころにはぐったり…(笑)

 

時間の余裕をもって、早め早めに色々な準備を始めることをおすすめします。 少しでも、これから海外にお引越しをされる方のご参考になれば嬉しいです。

 

次回は、子連れでの14時間のフライトについて書きたいと思います!

更新日: