ゆるゆる親子英語&励ましことばフレーズ総まとめ

橋元知子(Tomoko Hashimoto)
Glolea! ポジティブ保育英語アンバサダー

ゆるゆる親子英語&励ましことばフレーズ」をお届けする本連載もいよいよ最終回となりました!

 

これまで、14回に渡り英語の励まし言葉をお伝えしてきました。

 

皆さま、連載を通じてたくさん学んでいただけましたでしょうか? お子さんが辛い時、不安な時、大変な時、声がけをすることが出来ましたでしょうか?

今日から楽しめる「ゆるゆる親子英語“励まし言葉”」フレーズ一覧

お子さんには、辛い時、不安な時、大変な時にこそ、ポジティブ思考でいて欲しいもの。落ち込んでいる時、大好きな親御さんがひと声かけてあげるだけで、お子さんは明るくなれます!ぜひ、親子英語で使える「励ましことばフレーズ」を活用してみましょう!

▲お子さんには、辛い時、不安な時、大変な時にこそ、ポジティブ思考でいて欲しいもの。ぜひ、親子英語で使える「励ましことばフレーズ」を活用してみましょう!

親子英語に恥ずかしくてチャレンジできない時は…
厚切りジェイソンさんの言葉を思い出してみて

紹介させていただいたフレーズを使った保護者様の一言により、お子さんが少しでも笑顔になれた事があったなら、本望です。

 

「沢山学んだけれど、英語で話すのは、やっぱり恥ずかしくって出来ない…。」という保護者様もいらっしゃると思います。そんな皆さまには、会社役員でお笑い芸人の厚切りジェイソンさんが、早期英語教育の流れの中で親ができることについて、インタビューで述べたことをご紹介させていただきたいと思います。

親も英語を勉強しないといけないでしょうね。Why?
親が出来ないことを、子どもにやれと言っても説得力がないですよ。大変かもしれませんが、子どもの将来のためだと真剣に思うならやるべきです。

厚切りジェイソン

▲「Why Japanese People!?」でおなじみのIT起業役員&お笑い芸人の厚切りジェイソンさん。著書『日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy』も好評。

私が言っているからではなく、「厚切りジェイソンさんが言っているなら!」という理由でも勿論良いので、どうか勇気を出して英語を発してみて下さい。

 

Why?

 

お子さんに「英語を学ぶことは楽しい!」という事を背中で示すためです。

 

さあ、今日から1フレーズで良いので、ゆるゆる親子英語&励ましことばフレーズを使って、let’s speak in English

 

ゆるゆる親子英語&励ましことばフレーズにお付き合いいただき、ありがとうございました。次回からは新連載が始まります。どうぞお楽しみに!

この記事を執筆したGlolea!アンバサダー

橋元知子(Tomoko Hashimoto)
Glolea! ポジティブ保育英語アンバサダー

ポジティブ保育英語を取り入れた子育てを実践中(3児の母)。親が英語や異文化の楽しさを感じれば子どももこれらを好きになると信じている。保育士免許。英検1級。保育英検1級。英語学習学コーチ。一般社団法人国際子育て支援機構人材育成センターチーフ講師。鶴川女子短期大学 非常勤講師。共著「すぐに使えるIt's英会話」

お得な無料プレゼントやキャンペーン情報をお届けします![不定期配信]