グローリア

Global + Learning = Glolea!
Let's have positive relationships with diverse people
who have different cultures.
Study abroad with your kids to know our world for the
glorious future!

ちょっとグローバル志向な
ママ&キッズのための情報サイト
グローリア

中島範昭(Noriaki Nakajima)
Glolea! カナダ・グローバル教育アンバサダー

1児の父。バンクーバー日本語文化学院、CJLA コキットラム日本語アカデミーを経営。また、ローカルの生徒向けの学習塾(BrainChild)、北米初の日系総合芸能スクールGEVなども経営。2007~2011年には、JALTA(カナダ ブリテッシュコロンビア州 日本語教育振興会会長)を務める。

See more profile

世界各国から人材が集まるカナダのグローバル教育最新情報をお届けします!

はじめまして! カナダ・グローバル教育アンバサダーとして、レポートをお届けすることになりました、中島範昭です! 現在9歳(カナダで4年生)となる男の子のパパとして子育て中です。

 

私が初めてカナダに来たのは2000年1月。それから、日本語学校で働きながら2003年にカナダの永住権を取得し2007年起業。現在、バンクーバー日本語文化学院、CJLA コキットラム日本語アカデミーを経営。また、ローカルの生徒向けの学習塾(BrainChild)、北米初の日系総合芸能スクールGEVなども経営。2007~2011年には、JALTA(カナダ ブリテッシュコロンビア州 日本語教育振興会会長)を務めています。

カナダの教育事情

▲世界各国から人材があつまるカナダの教育事情や現地情報についてお届けします!

世界各国からの移民が多いカナダ…
多民族・多文化が入り交じる中で育つということ

これまで、バンクーバーでの日本語学校の経営を通して、たくさんの日系カナダ人を見てきました。と同時に保護者の皆様とも関わる中で、海外で子育てをする難しさと楽しさ、そして未来への可能性を見てきました。またカナダでの自分の子どもの子育てを通じてカナダの教育も見ることができました。

 

面白いのは、バンクーバーにはアジアはもちろんヨーロッパ、南アメリカなど様々な地域からの移民が多く、地元の学校の教室には、多民族、多文化が入り混じっていて、そんな中で育っていく子どもたちの様子は非常に興味深いものがあります。

 

それは、まるで小さい地球があるようです。

グローバル教育

▲まるで小さな地球!多様性豊かな環境で育つカナダの子ども達

生徒たちはまさに「グローバル人材」として世界中で活躍中!

カナダに来た当初に日本語学校で教えていた生徒たちは、すでに立派な大人になっています。

 

数年前に、ばったりある女の子に町で会ったときは、すでにお母さんになっていました。旦那さんは、カナダ生まれの台湾人で、弁護士さんだそうです。現在は台湾に住んでいるそう。たまたまカナダに里帰り中だといっていました。

 

また、ある演劇スクールに別のお仕事の話をしに行ったとき、そこのオーナーが

うちに日系カナディアンのコーチがいるから通訳代わりに同席させるわね!

と連れてきた女性。しばらくしてから

あれ? Jちゃん?

あ! 先生!

って感じで驚きの再会なんてこともありました。

 

彼女たちは、ほんの一例で、ほとんどの生徒たちは、現在どこに住んでいるか分かりません。

 

でも、いい意味で世界中を飛び回っているんです。日本語学校を卒業して行った生徒たちは、まさに「グローバル人材」として世界中で活躍しています。

カナダ現地公立“チャイニーズバイリンガル”スクールに通う9歳の我が息子

中国語・英語バイリンガルスクール

▲息子が通う「英語・中国語バイリンガル」スクール。公立校にもかかわらずユニークなシステムを取り入れています。

また、私は現在9歳の男の子の子育て中です。彼の通う学校は、「チャイニーズバイリンガル」と言う非常にユニークなカリキュラムを取っています。公立校ですが、非常にチャレンジなシステムをとっています。グローバル教育に興味のある方にはとても面白い取り組みだと思いますので、これから数回に分けて、これらのカナダの学校の様子などもレポートしたいと思います。

カナダと日本の教育の違いについても今後発信していきます!

その他に、現地の生徒向けの英語と数学の塾も経営しているのですが、私自身はカナダでの教育を受けたことがないので「カナダと日本の教育の違い」を様々な角度から見ることができ発見も多いのです。

 

中国系カナディアンの自分の塾の先生といろいろ北米とアジアの教育の違いについてよく話をしています。その辺のことも今後レポートしていきたいと思います。他にも、カナダと日本をつなぐ「日系芸能スクール」も最近設立しました。まだまだ始まったばかりの活動ですが、バイリンガルキッズのユニークさを生かして、自己表現を豊かにして、将来につながるお手伝いができたらと思います。

 


本連載では、カナダ・バンクーバーより一歩引いた目線から、自分の想像するこれからの世界の動向。その中での日本の役割など独自の視点で発信していきたいと思います。

 

次回からは、数回にわたり英語だけでなく中国語も学ぶ現地公立校の「チャイニーズバイリンガル」スクールからみるこれからのグローバル教育のヒントについてお届けします。

更新日: