ブックナビ | Glolea![グローリア]

グローリア
Global + Learning = Glolea!
Let's have positive relationships with diverse people
who have different cultures.
Study abroad with your kids to know our world for the
glorious future!

ちょっとグローバル志向な
ママ&キッズのための情報サイト
グローリア

ブックナビ

子供英語の専門家&海外在住ママであるGlolea![グローリア]アンバサダー、編集部のママ記者、人気プリスクールの先生達がこっそり教えるおすすめの英語絵本&世界を学べる一冊をお届けするBookナビ。ナビゲーターおすすめの書籍一覧です。

「英語絵本&世界とつながる」書籍 一覧

Lynn Maslen Kertell

Bob Books シリーズ

私がおすすめする英語絵本は「Bob Books シリーズ」です!   はじめて英語に触れる子供達にピッタリのシリーズで、私が代表を務めるサンシャインキッズアカデミーの子供達も大好き!   英語の綴り字記事を読む

  • ナビゲーター: 北原シャジア先生
    (Shazia Kitahara)

Dr.Seuss

Green Eggs and Ham

私がおすすめする英語絵本はDr.Seuss(ドクター・スース)著の「Green Eggs and Ham」です! Dr.スースは、欧米の子どもが必ず読んで育つという定番中の定番の絵本です。 これは大人記事を読む

  • ナビゲーター: 長森真希 さん
    (Maki RUI Nagamori)

中本幹子

Picture Bookシリーズ

私がおすすめする英語絵本シリーズは「Picture Bookシリーズ(アプリコット出版)」です! 私が代表を務めるアウルインターナショナルスクールの子供達も大好き! 特にお子様が小さい場合はCDつきのシリーズを記事を読む

  • ナビゲーター: 荒木陽子 先生
    (Yoko Araki)

Eric Litwin (著), James Dean (クリエイター, イラスト)

Pete the Cat and his Four Groovy Buttons

私がおすすめの英語絵本は「Pete the Cat and his Four Groovy Buttons」です!   ニューヨークの公立図書館の読み聞かせで出会い、私も娘達も大ファンになった作品が「Pete 記事を読む

  • ナビゲーター: 草野七瀬 さん
    (Nanase Kusano)

Eric Carle (著, イラスト)

The Very Hungry Caterpillar

私がおすすめの英語絵本は「The Very Hungry Caterpillar」です! 娘と初めて読んだ英語絵本がこの「The Very Hungry Caterpillar」。 日本語の「はらぺこ記事を読む

  • ナビゲーター: 小山玲 さん
    (Rei Oyama)

木舟 周作 (著)

海外旅行で子供は育つ!!

 私がおすすめする本は「海外旅行で子供は育つ!!(子供の人生を豊かにする“旅育”のススメ) 」 です。 親子で旅行を考えている方に強い味方の一冊です。 お子さん連れで長時間フライ記事を読む

  • ナビゲーター: 岩月真理 さん
    (Mari Iwatsuki)

佐藤 久美子 (監修)

えいごであそぼプラネット

 私がおすすめする英語絵本教材は「えいごであそぼプラネット」です。 「えいごであそぼプラネット」「ハッピープラネット」は私が監修している教材なのですが、これらの教材のように音声ペンを使った絵本も良いで記事を読む

  • ナビゲーター: 佐藤久美子 教授
    (Kumiko Sato)

Nick Sharratt (著, イラスト)

A Cheese and Tomato Spider

私がおすすめの英語絵本はA Cheese and Tomato Spiderです! リング付きノートのようになっていて、上段と下段に分かれています。上段には形容詞、下段には名詞。対応するイラストも、それぞれ半分記事を読む

  • ナビゲーター: 浦脇香織 さん
    (Kaori Urawaki)

Leo Lionni(著)

Little Blue and Little Yellow

私のおすすめ英語絵本は「Little Blue and Little Yellow」です。 「あおくん」と「きいろちゃん」がうれしくて抱き合って緑色になってしまうLeo Lionni著の有名な絵本の英語版です。記事を読む

  • ナビゲーター: 石井聖子さん
    (Seiko Ishii)

Roderick Hunt (著)

Oxford Reading Tree

 私がおすすめする英語絵本は「Oxford Reading Tree 」です。 今、小学校や幼稚園向けのカリキュラムでは「Oxford Reading Tree」というシリーズをよく使っています。&n記事を読む

  • ナビゲーター: 佐藤久美子 教授
    (Kumiko Sato)

Richard Scarry (著, イラスト)

Richard Scarry’s Best First Book Ever!

 私がおすすめする英語絵本は「Richard Scarry’s Best First Book Ever! 」です。 世界的な作家、Richard Scarry氏の絵本が大好きで、これをよ記事を読む

  • ナビゲーター: 佐藤久美子 教授
    (Kumiko Sato)

Jean Marzollo (著), Walter Wick (写真)

I Spyシリーズ

私がおすすめの英語絵本はI SPYシリーズです! 息子がインターナショナルスクールのキンダークラスで使っていたI SPYシリーズの絵本。 じっくり絵本を読むより、外で体を動かして遊ぶのが好きなタイプの記事を読む

  • ナビゲーター: 秋葉佳子 さん
    (Keiko Akiba)

古川 昭夫 (著), 宮下 いづみ (著)

Oxford Reading Tree & イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ

 私がおすすめする英語絵本は、Oxford Reading Tree(ORT/オックスフォードリーディングツリー)です。 英語を日本語に訳さなくても読めるようになる「多読」は子どもにも大人にもオススメ記事を読む

  • ナビゲーター: 白河葵 さん
    (Aoi SHIRAKAWA)

シェリル・サンドバーグ (著), 川本 裕子 (その他), 村井 章子 (翻訳)

LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲

Sheryl Sandbergの“Lean In”をGlolea![グローリア]読者のママ向けの本としてご紹介させてください。 私は2013年5月にこの本を読みました。 読んで、自分を許せる気持ちにな記事を読む

  • ナビゲーター: 本間玲子 さん
    (Ryoko HOMMA)

Dr Seuss (著, イラスト)

Dr. Seussシリーズ

私がおすすめの英語絵本はDr.Seuss(ドクター・スース)シリーズをぜひおすすめしたいです! 映画「グリンチ」などでご存知な方も多いと思いますが、1960年代以前からの作品とは思えないほど、ポップでモダンなイ記事を読む

  • ナビゲーター: 原純子さん
    (Junko Hara)

デイジー・ウェイドマン (著), 幾島 幸子 (翻訳)

ハーバードからの贈りもの

私がおすすめする一冊は「ハーバードからの贈りもの 」です。 ハーバードのビジネススクールで、恒例となっている教授たちによる“最終講義”をまとめた本です。 自分の人生、子どもの人生について想いをはせ、考記事を読む

  • ナビゲーター: 星野 達彦 さん
    (Tatsuhiko Hoshino)

黒柳 徹子 (著)

トットちゃんとトットちゃんたち

私がおすすめする一冊は「トットちゃんとトットちゃんたち」です。 ユニセフ親善大使・黒柳徹子さんが綴った、飢餓・戦争・貧困にあえぐ子ども達との忘れられない出会い。 中高生をターゲットにした本ですが、大人記事を読む

  • ナビゲーター: 星野 達彦 さん
    (Tatsuhiko Hoshino)

アレクサンドラ ミジェリンスカ (著), ダニエル ミジェリンスキ (著), Aleksandra Mizieli´nska (原著)

Maps/マップス

私がおすすめの一冊はMAPSです。 世界中の人々や食べ物、動物、建物・・・地図の上に所せましとイラストが並んでいて、見ていて飽きません。国旗の絵もたくさんのっています。イラストを探すゲームをしたり、クイズをした記事を読む

  • ナビゲーター: 横川香織さん
    (Kaori Yokogawa)

Alison McGhee

Someday

お腹に娘をまだ宿している時に友人から頂いた1冊がこの「Someday」です。 「One day I counted your fingers and kissed each one.」 こんな一節から記事を読む

  • ナビゲーター: 山下杏梨さん
    (Tomoko Yamashita)

Jez Alborough(著)

HUG

日本にもHUGの習慣が根付けばいいなと感じさせてくれる絵本「HUG」。「HUG」という言葉だけで、親子の愛を表現したこの作品は、絵本の力強さを改めて教えてくれます。 ちなみに最初は私もHugが苦手で、人とHug記事を読む

  • ナビゲーター: 石井聖子さん
    (Seiko Ishii)

ひすいこたろう

あした死ぬかもよ?

ちょっと衝撃的なタイトルの本書「あした死ぬかもよ?」。 ゲームで残虐なことを楽しいと感じる子どもも増えてきています。保育園でも幼稚園でも、命の尊さについての教育を見直そうという動きが多くみられるようになりました記事を読む

  • ナビゲーター: 中川知子さん
    (Tomoko Nakagawa)

Arthur Ransome

Swallows and Amazons

『ツバメ号とアマゾン号(Swallows and Amazons)』は小学生時代の愛読書の1つでした。 イギリスの少年少女たちが、夏休みに自分たちだけでヨットにのって湖の冒険へでかける物語。遠いヨーロッパへのあ記事を読む

  • ナビゲーター: 井川好ニさん
    (Koji Igawa)

沢田 としき(著)

アフリカの音

私達のプリスクールの読み聞かせ用に購入した絵本です。 私が英語訳をつけて、パーカッション・アーティストと一緒に園児に朗読セッションをします。物語に合せて、パーカッションを叩いてくれるんです。 作者の方記事を読む

  • ナビゲーター: 石井聖子さん
    (Seiko Ishii)

手塚治虫(著)

火の鳥

子どもの頃から、本を読むのが大好きで、一日一冊ずつ読んでいました。 図書館の本を全部読んでしまうぐらいでした。 でも、一冊だけ選ぶなら、漫画ですが、手塚治虫さんの『火の鳥』かもしれません。 記事を読む

  • ナビゲーター: 坪谷 ニュウエル 郁子さん
    (Ikuko Newell Tsuboya)

Christopher Raschka(著)

Yo! Yes?

なかなか深い、でも実はシンプルなとても幸せな気持ちになる絵本です。 私は最近出会った本ですが、言葉より絵で伝えるお話なので、小さなお子さんにもわかりやすいと思います。人種を超えてこんな風にボーダレスにみんなが仲記事を読む

  • ナビゲーター: 石井聖子さん
    (Seiko Ishii)

Leo Lionni

Swimmy

日本語版「スイミー」でもよく知られている、名作絵本の英語版。 アメリカにいる私の高校時代のホストマザーが、娘へクリスマスプレゼントの一つとして選んでくれたものです。 その頃はまだ日本語でも読んでいなかったため、記事を読む

  • ナビゲーター: 山本香織さん
    (Kaori Yamamoto)

鈴木 のりたけ (著)

しごとば

6歳以下の子どもたちは「この世界はどんな場所なんだろう」と知りたい気持ちがいっぱい。 ファンタジーでなくても「本物の世界」を知ることが十分に面白くてなんでも吸収できるこの時期は、なるべくいろんなことを実体験しよ記事を読む

  • ナビゲーター: 小野寺愛さん
    (Ai Onodera)

みやざき ひろかず

ワニくんのふしぎなよる

異なる言語を話す宇宙人といかにコミュニケーションをとるのか? ワニくん、言葉はわからないけど、なんとなく宇宙人のいっていることがわかってきます。ザ・異文化コミュニケーションです(笑) 宇宙人語を子供と記事を読む

  • ナビゲーター: 岩瀬かずみ さん
    (Kazumi Iwase)

シェリル・サンドバーグ (著), 川本 裕子 (その他), 村井 章子 (翻訳)

LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲

既に読んだことがある人が多いかもしれませんが、シェリル・サンドバーグ氏(以下敬称略)の「LEAN IN(リーン・イン)」をおすすめします! シェリルと言えば、FacebookのCOOで、つい先日、彼女の一番の理記事を読む

  • ナビゲーター: 安原愛 さん
    (Ai Yasuhara)

昭文社出版編集部 (編集)

Night House Bright House

アメリカの友人から勧められた絵本です。 家中のお部屋で騒動するネコとネズミに対して、そのお部屋の家具やモノたちがブツブツ文句を言う様子が、リズミカルに韻を踏んだ詩で綴られます。その韻がとてもよく出来ていて、読ん記事を読む

  • ナビゲーター: 平田麻莉 さん
    (Mari Hirata)

昭文社出版編集部 (編集)

地図で知る 世界 こども図鑑

我が家には、様々な種類の本があります。 日本語、英語、ロシア語…絵本、図鑑からペーパーブックまで。おもちゃスペースには常に本がある状態で、好きな時に好きな本を読めるようにしています。 というのも、子ど記事を読む

  • ナビゲーター: ジュラヴリョフ愛里さん
    (Zuravljov Airi)

高城剛

黒本

ハイパーノマドを進める高城剛氏のメールマガジンを編集した本。   世界中を旅する高城剛氏だからこそ書くことができる、日本と海外の最新事情を知ることができる一冊です。

  • ナビゲーター: 今西敦子さん
    (Atsuko Imanishi)

松嶋 啓介

バカたれ。

ニースで外国人最年少として一つ星を獲得し、10年獲得し続けている松嶋啓介シェフが 各界のキーパーソン15名と対談した様子をまとめた一冊。 時代を切り開くのは、まわりを気にすることなく自分の信念を貫き通す「バカ」記事を読む

  • ナビゲーター: 今西敦子さん
    (Atsuko Imanishi)

三浦 康子 (著)

子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本

子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本は、絵本としても楽しむことができますし、少し難しい話も書かれているので、年齢の進んだ子どもさんの知的好奇心もくすぐってくれる本です。 何より、月ごとの行事が紹介さ記事を読む

  • ナビゲーター: 竹井かよこさん
    (Kayoko Takei)

Various (著・絵)

Dora’s Bedtime Adventures

アメリカのホストファミリーから昨年クリスマスプレゼントとしていただいた絵本で、子どもたちのお気に入りの1冊です。 様々な動物がでてきて、それぞれの鳴き声が日本語での表現とは異なるのがおもしろいようです。&nbs記事を読む

  • ナビゲーター: 神田すみれさん
    (Sumire Kanda)

Jez Alborough(著)

HUG

HUG(Jez Alborough):「ぎゅっ」和書版。 「Hug」という言葉しか出てきませんが、絵本に合わせて感情をこめて読むと子どもは一生懸命に絵と読み手を見ながら聴いています。 1つの言葉で十分記事を読む

  • ナビゲーター: 三代祐子さん
    (Yuko Mishiro)

小暮真久(著)

「20円」で世界をつなぐ仕事

手前味噌になってしまいますが、私が最初に書いた本です。   親御さんが持っていたから読んだという中高生が、社会事業や世界問題への見解が広まったと、うれしい感想を寄せてくれます。   社会起業ノウハウに記事を読む

  • ナビゲーター: 小暮真久さん
    (Masahisa Kogure)

五味 太郎 (著)

らくがき絵本 五味太郎50%

五味太郎さんのお絵かき絵本です。   ページごとにテーマ(お題)があり、描けるようになっています。同じお題でも、兄弟で考えることが違っていたりするのでとても面白いです。   一度にやりたがるのですが、記事を読む

  • ナビゲーター: 高沖清乃さん
    (Kiyono Takaoki)

ピーター・メンツェル(著)、フェイス・ダルージオ(著)/みつぢ まちこ (翻訳)

地球の食卓―世界24か国の家族のごはん

24ヵ国を巡って集めた、30家族の1週間分の食材を公開する写真集です。   見るだけで「世界の食の不均衡」が一目瞭然。   先進国と開発途上国の食卓の“違い”を見ることで、親子で一緒に考えて欲しいです記事を読む

  • ナビゲーター: 小暮真久さん
    (Masahisa Kogure)

ジャパンクリエイティブズ (著), てづか あけみ (イラスト)

はじめてのこっきえほん

色々な国旗の本がありますが、中でもこの本はとてもわかりやすく、息子が夢中になりました。   その国のあいさつや、特徴などが簡潔にまとまっていて、幼児が世界を知る入口としておすすめ出来ます!   とても記事を読む

  • ナビゲーター: 松本 明子さん
    (Meiko Matsumoto)

内田 恭子 (著), 藤本 将 (著)

みんなでいただきます

「TABLE FOR TWO」との出会いによって、フリーアナウンサーの内田恭子さんが手掛けた初めての絵本です。   今、我が家の3歳の長女が一番好きな絵本でもあります。 食を通じた世界平和が描かれています。 &記事を読む

  • ナビゲーター: 小暮真久さん
    (Masahisa Kogure)

イングリ ドーレア (著)/エドガー ドーレア (著)/ Ingri D’Aulaire (原著)/Edgar Parin D’Aulaire (原著)/へんみ まさなお (翻訳)

トロールものがたり

各国の民話や昔話は、その土地の風土や大切にされていることを子どもと一緒に楽しむのにぴったり。いろいろ読んだ中で我が家の子どもたちがハマったもののひとつに、「トロールものがたり」があります。   ノルウェーの北部記事を読む

  • ナビゲーター: 小野寺愛さん
    (Ai Onodera)

塩飽 雅彦

KNOW WHERE

生きる意味を考え、真実を見つめようと記された言葉は、読む者の胸を打つ。   60ヵ国以上に及ぶ旅の記録の写真は、絶対的孤独と向き合いながら世界に向かって感性を開き続けた著者の在り方を映して感動的で美しい。 &n記事を読む

  • ナビゲーター: 塩飽隆子さん
    (Atsuko Shiwaku)

安野 光雅

旅の絵本 イタリア編【改訂版】

ハッとする大胆な構図と、じっと見入ってしまうほど精密な筆遣いが特徴の安野光雅。「旅の絵本」シリーズは、そんな安野が世界の国々を紹介しています。親子で世界旅行に行ったような気分になれて、いっしょに楽しく学べる絵本でしょう。記事を読む

  • ナビゲーター: 井川好ニさん
    (Koji Igawa)

デービッド・ボーンステイン:著 井上英之:監訳 有賀裕子:訳

世界を変える人たち―社会起業家たちの勇気とアイデアの力

日本で働いた後、世界最大のソーシャル・アントレプレナー(社会起業家)ネットワーク・グローバルな社会改革シンクタンクである市民組織『ASHOKA(アショカ)』と出会い、社会起業家という道もあるということを知りました。この本記事を読む

  • ナビゲーター: 今泉沙織さん
    (Saori Imaizumi)

バージニア・リー・バートン(著)/いしい ももこ(翻訳)

せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし

『ちいさいおうち』『いたずらきかんしゃちゅうちゅう』などで知られる著者、バージニア・リー・バートンの作品。40億年前、地球に最初の生命が誕生してから今にいたるまでの、壮大ないのちの物語です。地球の歴史の中で人類の登場まで記事を読む

  • ナビゲーター: 小野寺愛さん
    (Ai Onodera)

クレヨンハウス編集部 (編集)

0〜6歳の "伸びる!" 環境づくり 〜おうちでできるモンテッソーリの子育て

子どものプロである先輩たち、大好きな友人たちはもちろん、私自身も「子どもサイズの “自分でできる” 工夫」という章を寄稿している大切な本です。子どもならみんな持っている「自分でしたい、繰り返したい記事を読む

  • ナビゲーター: 小野寺愛さん
    (Ai Onodera)

中津 燎子

なんで英語やるの?

大変お世話になった評論家の中津燎子先生が、1974年に「大宅壮一ノンフィクション賞」を受賞された作品で、日本の英語教育界に大きな衝撃を与えました。 「日本人は何のために英語を勉強しているの?」 この単記事を読む

  • ナビゲーター: 井川好ニさん
    (Koji Igawa)

Dorothy Kunhardt

Pat the Bunny(Touch-and-Feel)

私のおすすめは「Pat the Bunny」です。 子供の頃から英語の絵本を読むのも好きでしたが、中でも触って楽しむうさぎのストーリーの絵本が好きでした。 うさぎの毛が絨毯のような毛でできていたり、花記事を読む

  • ナビゲーター: 今泉沙織さん
    (Saori Imaizumi)

パウロ コエーリョ

アルケミスト―夢を旅した少年

タイのアムジェイちゃんとの交流から「貧富の差を改善できるといいな」「どうしたら、自分の得意な分野で彼女を助けられるのだろうか」ということを幼少期からずっと考えていました。 『アルケミスト』を読んでいると人生には記事を読む

  • ナビゲーター: 今泉沙織さん
    (Saori Imaizumi)

パトリック マクドネル (著) 、 Patrick McDonnell (原著) 、 覚 和歌子 (翻訳)

ハグタイム

息子の誕生日に大切な友人からプレゼントしていただいた絵本『ハグタイム』。 「世界をまるごと抱きしめたい(He wanted to give the whole world a hug.)」と旅に出るこねこのジュ記事を読む

  • ナビゲーター: 内海裕子
    (Hiroko Utsumi)
特集!
春休み英語キャンプ2018
Global + Learning = Glolea!
Let's have positive relationships with diverse people who have different cultures.
Study abroad with your kids to know our world for the glorious future!
©tiedhearts, Inc.