グローリア

Global + Learning = Glolea!
Let's have positive relationships with diverse people
who have different cultures.
Study abroad with your kids to know our world for the
glorious future!

ちょっとグローバル志向な
ママ&キッズのための情報サイト
グローリア

クリューガー量子(Ryoko krueger)
Glolea! ドイツ・家族の暮らしアンバサダー

ハイデルベルク市公認ガイド。バイオリン教室主宰。「石油を掘りたい!」と工学を学び、日本で土木技術者として働く。その後メキシコでスペイン語を学び、日西通訳として働く。メキシコ滞在中にドイツ人現夫と出会い、2003年に渡独。現在、ラグビーに夢中な2人の男子の母。

See more profile

なぜドイツ人は環境意識が高いの?幼稚園の持ち物に答えがあった!

持ち物チェックリストで分かる!ドイツの幼稚園児が学ぶ人生に大切なこと

こんにちは! Glolea!ドイツ・家族の暮らしアンバサダークリューガー量子です。

 

子供達が心待ちにしている4月の入園入学も、もうすぐですね。 ドイツの幼稚園でも、入園前に持ち物リストが配られます

 

その中で一番大事なのが「どろんこズボン」です。

 

今でも心に残る園長先生のお言葉はこれ!

天気は悪くないの。服が悪いのよ。

さあ、出かけましょう!

ドイツ・ハイデルベルクの隣街。川沿いに散歩道が続きます。

▲ドイツ・ハイデルベルクの隣街。川沿いに散歩道が続きます。

ドイツの幼稚園に通う子供達の必需品「どろんこズボン」とは?

子供達が大好きな幼稚園。その中でも特別なのが、外遊びの時間です。

 

新鮮な空気を吸って、走ったり、砂で遊んだり、ポカポカ太陽に当たりながら友達とおままごとをしたり。ドイツの幼稚園では夏でも冬でも、雨でも雪でも、大嵐でない限り、子供達は毎日必ず30分は外で遊びます

 

雨の日には、雨の日にしか出来ない遊びがあります。

 

土が湿っていき、庭に川ができる様子を観察したり、川を大きくしたり。ドイツの幼稚園では、子供が土や泥に手で触ることが大切だと考えます

 

日常の遊びから自然を感じることを学ぶのです。

 

そして、外遊びで必要なのがこの「どろんこズボン」。

ドイツの幼稚園児のマストアイテム「どろんこズボン」

▲ドイツの幼稚園児のマストアイテム「どろんこズボン」

息子が通った幼稚園の園長先生のお言葉

天気は悪くないの。服が悪いのよ。

本当にその通りです。

 

子供は遊びの天才。天気を遊びに変えてしまいます

 

どろんこズボン、雨用ジャンパーを着て、毎日ドイツの子供達は外を駆け回ります。

週末は近くの山や畑へ。ドイツは森の国。

映画「敬愛なるベートーベン(Klang der Stille)」

▲映画「敬愛なるベートーベン(Klang der Stille)」

Klang der Stille(敬愛なるベートーベン)」という映画があります。

 

ベートーベンがお弟子さんに話しかけます。

あの森へ行ってごらん。あの森は素晴らしい。森の自然の中から多くのインスピレーションが生まれる。

ベートーベンも、自ら補聴器を持ってウィーンの森に行き、鳥の声、水の音を聞きながら、緑あふれる森を散歩し、堪能し、それを作曲に結びつけます。

 

ヨーロッパ映画では、美しい野原や森がよく出てきます。この景色は特別なものでなく、日常の景色です。

 

ドイツは森の国。街のすぐ近くに人々がずっと大切にしてきた森や畑があります

 

週末、ドイツの人達はこの日常の景色の中を散歩します。空を見上げ、木が揺れるのを見て、風を感じ、鳥の声を聴きながらの散歩はとても気持ちがいいものです。

 

子供達は道に落ちている石で遊んだり、虫や棒きれを見つけたり、子供は子供の発見があります。どろんこズボンを履いて探検です。

環境意識が高いドイツ人
自然を大切にする気持ちは幼少期の「楽しい!」から学びます

ドイツの森を子供達とお散歩!

▲ドイツの森を子供達とお散歩!

ドイツ人が自然を大切にする思いは、幼少の頃から学び、育んだものです。

 

身近な自然に接して、楽しいと思うこと。そこから興味が広がります。

 

どろんこズボンを履けば、どんな天気でも大丈夫。いつもとは違った発見ができます。 さあ、出かけましょう!

 

次回の連載記事では「みんなが知りたい!ドイツ人が何か国語も話せる7つの理由」をテーマにお届けします。お楽しみに!

更新日: