フォニックスを学ぶ4つのメリットとは?フォニックスで英語の読み書きスイスイ&正しい発音を身につける − 親子で楽しむキッズ英語 vol.2

Brent Soesbe(ソーズビー・ブレント)
Glolea! 楽しいキッズ英語アンバサダー

こんにちは! SUNNYSIDE ENGLISH SCHOOLオーナー講師/Glolea! 楽しいキッズ英語アンバサダー Brent Soesbe(ソーズビー・ブレント)です。

 

今回は、日本でも子供の英語学習に取り入れる方が増えてきている「フォニックス」をテーマにフォニックスを学ぶメリットについてお届けします!

フォニックスってなに?
26文字の音と文字のルールを知れば英語の読み書きスイスイ!

英語のフォニックスとは

フォニックスとは英語の発音とつづりの規則性の学習法、英語の文字と音を結び付けるルールです

 

たった26文字の音と文字のルールさえ覚えてしまえばどんどん読み書きできるようになるのが「フォニックス」です。

フォニックスはどういう英語学習方法なの?

日本語の場合「あいうえお…」と覚えたら、単語も文も読めるようになります

 

英語の場合「A,B,C,D,E,F…」と26のアルファベットの「文字」と「呼び方」を覚えても単語は読めません

 

アルファベット26文字には「名前」の他にもそれぞれ「音」があるからです。

フォニックスでBOXはどう考える?

▲BOXはビー・オー・エックスと綴りますが、読み方・発音は「ボックス」。フォニックスを学ぶと正しい発音で音読ができ、聞いた音をスペルすることができるようになります。

例えば…BOXという単語。

 

b”という文字には、“ビー”という「名前」があります。でも、音は“ブッ”です。

o” の名前は”オー”、音は“

x”の名前は”エックス” 、音は“クス

 

Box(ビー・オー・エックス)という文字は、“ブッ・オー・クス”と発音

単語となったときに「box(ボックス)」と発音されます。

フォニックスを習得すると子供でも英字新聞が読める!

フォニックスを覚えれば子供でも英語がスラスラ読み書きできる

フォニックスを習得すると子供でも英字新聞が読めてしまいます。

 

単語自体の意味がわからなければ内容をすべて理解することはできませんが、正しい発音で音読ができ、聞いた音をスペルすることもできるようになります

 

ひらがなが分かれば日本の文章を読む事ができますが、全ての意味が分かるわけではないですよね。

 

英語も同じことです。

 

7歳からフォニックスを学んでいる私の生徒がいます。

 

フォニックスのレッスン開始から2年後、アメリカ旅行中に80%の英語を読むことができたそうですよ!

 

全ての意味がわかるわけではなくとも、外国で看板やお店のメニューが読めたら

英語が読めた! うれしい! 楽しい!

…と英語への気持ちもはずみ自信へとつながります!

フォニックスを学ぶ4つのメリットまとめ:フォニックスは 完璧ではないけれど正しい発音に有効的なツールです!

フォニックスを学習する4つのメリット

フォニックスを学習する4つのメリットを最後にまとめてみます

  1. 英語の発音がきちんと覚えられる
  2. 単語を見ればどのような発音か予測可能になる
  3. 耳にした言葉をスペル・アウト(英語の綴りとして書き出すことが)できる
  4. 読解力の向上

フォニックスを学び、少しずつ積み重ねて学習していくうちに英語でできることが増えていきます。

 

これからお子様と英語を始めようと思われているママ、英語の読み・書き・発音を親子でもっと楽しく取り組めたらと考えている方は、ぜひフォニックスにも注目してみてください。

 

今回は、日本でも英語学習に取り入れる方が増えてきている「フォニックス」をテーマにフォニックスを学ぶメリットについてお届けしました。次回の連載記事では「英語を話せるようになるために大切な4つのこと」をテーマにお届けします。お楽しみに!

関連リンク

この記事を執筆したGlolea!アンバサダー

Brent Soesbe(ソーズビー・ブレント)
Glolea! 楽しいキッズ英語アンバサダー

アメリカ・オレゴン州・ポートランド出身。来日前はホテルマン。2003年に来日以来、インターナショナル・プリスクール、公立小中学校、英会話スクール、英語学童教室、外資系企業英会話講師、日系航空会社英会話講師等15年間の講師経験を経て、2018年世田谷区宮坂にSunnyside English Schoolを開校

お得な無料プレゼントやキャンペーン情報をお届けします![不定期配信]