アメリカのママは図書館のハシゴも?ベイエリアの図書館は移住直後・駐在ママにも嬉しい特典満載!

安立淳子(Atsuko Adachi)
Glolea! サンノゼ学齢期・年の差子育てアンバサダー

ママもベビーもキッズにも優しい!
アメリカの図書館で行われる読み聞かせ会

アメリカの図書館

▲サンフランシスコの図書館では、時々ちょっと大きめの女の子たちのためのティーパーティも開催されています。

日本の図書館同様、アメリカの図書館でも子どもたちへの読みきかせが定期的に行われています

 

対象は乳児・幼児・子どものように年齢層によって区切られており、ベビーの読み聞かせではパペットなどを使ってベビーでも興味を持てるように読んでくれます

アメリカのママ達は
図書館をハシゴして読み聞かせ巡りをしている!?

それぞれの図書館で曜日が分かれて読み聞かせが行われているので、まだ歩き始めたばかりでベビーへの昼の強い日差しを避けたいママたち、あるいはお昼寝の時間をしっかりとりたいけれど、朝の活動もしっかりしたいというママたちは図書館を日々ハシゴして読み聞かせ巡りをしているようでした。

 

そして、この図書館。会員になると Discovery & Go という市が運営しているプログラムを利用することができ、ベイエリア内の登録ミュージアムの入場料が無料になったり、割引になったりとさまざまな特典を受けることができます。

アメリカのベイエリアは日本語の絵本や本も多くあるので
日本人ママにも嬉しい!

ベイエリアは比較的日本人の多い地域ですので、大きい図書館になると日本語の絵本や本も多く取り扱っています。特に駐在でいらしている方達の多くは帰国の際に本を図書館に寄付して帰る方も多く、最新版に近い雑誌や文庫本を探す事もできます。

 

こどもたちが静かに絵本を読める月齢になると、ママたちものんびりと図書館で自分の好きな本や雑誌を選ぶ、ということも十分に楽しめる場所となっています。

 

*このURLは私の住む町の Discovery & Go のプログラムの利用可能施設の一覧や規約などが説明されています。カリフォルニア州であればどの町の図書館においてもこのようなプログラムを利用できることと思います。
www.burlingame.org/index.aspx?page=3272

この記事を執筆したGlolea!アンバサダー

安立淳子(Atsuko Adachi)
Glolea! サンノゼ学齢期・年の差子育てアンバサダー
サンノゼ

アメリカジョージア州で高校時代を過ごし、言葉が通じない苦しさ、通じあう喜び、文化や感覚的な違いを肌で感じてきました。教育や文化、友人関係まで、私がかつてこんな風に教えてほしかったこと、今はこんな風に教えているんだという気づきも含め、米国サンノゼでの二人の子育てを通じて実直にリポートしていきたいと思います。

お得な無料プレゼントやキャンペーン情報をお届けします![不定期配信]