ドキドキ・わくわく – 「フィリピン親子留学★体験記」vol.1

内海 裕子 (hiroko utsumi)
Glolea! [グローリア]編集長
フィリピン親子留学 Glolea![グローリア]編集長 内海裕子

▲ニノイ・アキノ国際空港に到着!
 「フィリピン親子留学」でどんな毎日がまっているのだろう? ワクワク!

2014年、年始にチャレンジした「ハワイ親子留学」に引き続き、
フィリピン親子留学」に行って来ました!

 

ハワイ親子留学★総集編>は
Glolea![グローリア]公式Facebookページより御覧ください↓

世界第3位の英語国…韓国でも大流行の「親子留学」に興味津々!

記録的な大雪に見舞われた2月中旬。
厳冬の日本を出発し、暑〜いマニラへ到着!

 

「ハワイ親子留学」をへて、かねてから興味があったフィリピンへ。

 

英語力が一気にアップする!」と大人向けの語学留学でも話題!

韓国でも「親子留学」が大流行中の「フィリピン」。

世界第3位の英語国でもあるこの国がどのような教育をしているかにも興味がありました。

 

飛行機で約4時間半という近さも子連れには魅力で、

あっという間に真冬の日本から、常夏の南国フィリピンへ到着!

フィリピン親子留学 Glolea![グローリア]編集長 内海裕子

▲マニラ国際空港に到着したばかりの息子。
「どんなお友達に会えるのだろう!」とワクワク!
お得意のヘン顔も全開!!

世界の教育・ホスピタリティー産業を支えるフィリピン人

「ハワイ親子留学」のプリスクールで、たくさんの国・バックグラウンドのあるのお友達ができて、すっかりプリスクール留学に味をしめた我が息子

 

家にいる時は世界地図を眺めながら
「●●ちゃんのいるハワイはここ」
「次に行くフィリピンはここ」
「フィリピンの国旗カッコイイ!」
「お友達できるかな〜」
「My name is…! / Can I use this toy?」などなど、
英語の練習もしつつ、
フィリピン行きを楽しみにしていました。

 

「ハワイ親子留学」中、ハワイ中をかけめぐり、プリスクールを取材・訪問した私ですが、
驚いたことに、プリスクールの先生の多くが「私、フィリピンから来たのよ!!」と、フィリピン出身者率が高く、クオリティーの高い保育で評判の有名私立校の園長先生もフィリピン出身でした。

 

(その後、フィリピンは世界の教育産業・ホスピタリティー産業の人材輩出国ということを知りました!!)

 

フィリピンご出身の先生方々、どの方も非常にホスピタリティーに溢れ、向上心高く、メンタル面がポジティブで楽しく、子どもたちへの愛に溢れた方が多かったので、俄然フィリピンへの興味が湧いてきたのも「フィリピンへ親子留学」に興味を持った理由です。

プリスクールから小・中・高・大学・大学院、大学病院を擁する総合大学「パーペチュアル・ヘルプ大学」との出会い

そんな折に、プリスクールから小・中・高・大学・大学院、大学病院を運営する、フィリピンの中でも最もクオリティーの高い教育機関の一つ「パーペチュアル・ヘルプ大学」の最高顧問であるリチャード・モラン氏来日中に御縁あってお話させていただく機会があり、直談判!

 

親子留学したいのですが・・・!」とご相談させていただいたところ「いいよ! ぜひ、いらっしゃい!!」とご快諾をいただき、日本人初の「親子留学」受け入れをしていただいたのでした。

フィリピン親子留学

▲約45年の歴史を持ち、約2千人の教職員及び約2万人の学生が学ぶ
南メトロマニラの最大規模の大学パーペチュアル・ヘルプ大学。
校舎入口前にてパチリ!

…Vol.2に続く

この記事を執筆したGlolea!アンバサダー

内海 裕子 (hiroko utsumi)
Glolea! [グローリア]編集長
Glolea![グローリア]

世界をポジティブにつなぐ子ども&ファミリーを世界中に増やしたいという想いから、ちょっとグローバル志向なママ&キッズのための情報サイトGlolea![グローリア]創刊。大学卒業後NY&ペンシルベニアで小学校の先生を経験後Webプロデューサー・編集者に。趣味は、息子との「プチ親子留学」に思いを馳せること。資格:英語学習コーチ。

お得な無料プレゼントやキャンペーン情報をお届けします![不定期配信]