sponsored by Fromwest Marketing Ltd.

【速報】2016年3月15日以降はカナダ入国にeTA(電子渡航認証)が必要になります!

中込惠子(Keiko Nakagomi)
Glolea! カナダ親子留学アンバサダー

Glolea!カナダ親子留学アンバサダー中込惠子です。今回は、カナダ入国に関する重要なお知らせをお届けします。

2016年3月15日以降はカナダ入国にeTA(電子渡航証)が必要になります!

2016年3月15日以降
カナダへ入国の際にeTA(電子渡航認証)が必要になります!

これまで、日本人は

  • パスポート
  • 航空券

があれば6か月以内の観光やサマープログラムなどの短期留学に来ることが出来ました。

 

しかし、2016年3月15日以降はeTAが必要になるとカナダ大使館及び、入国管理局(イミグレーション)から通達がありました。

カナダ入国の際に必要になる「eTA(電子渡航証)」

▲2016年3月15日以降カナダ入国の際に必要になる「eTA(電子渡航認証)」はオンラインから手続き可能です。※現在、オンライン手続きは全て英語での申請のみとなっています※

eTAとはElectronic Travel Authorizationの略称。日本語では「電子渡航認証」と呼ばれるカナダへの渡航許可で、渡航者のパスポート情報で電子的に管理されます。

 

eTAはビザではありませんが飛行機に乗る前に必ず申請が必要となります

eTAの申請が必要な人

カナダ入国の際にeTAが必要となる人は

  • 入国ビザが免除されている国籍の方(日本人含む)
  • 空路で渡航される方

カナダのeTA申請の際に必要なものとは?

eTAの申請に必要なものは

  • パスポート
  • クレジットカード
  • Eメールアドレス
  • 7カナダドル

となります。

有効期限は?

eTAの有効期限は5年間

 

ただし、パスポートの有効期限が5年以内の場合は、eTAもその期限内になります。

 

現在、就学ビザや就労ビザを持っている方で、2015年8月1日以降に、これらのビザを受け取った方は、自動的にeTAが発行されています。

 

しかし、2015年7月31日以前にこれらのビザが発行されている方たちは、2016年3月15日以降に空路でカナダに入国や再入国する場合にはeTAの申請が必要とのこと。

これから留学等で就学許可証を取得される方の場合

eTAと就学許可証の情報として下記2点が注意事項です。

  • 就学許可証の許可を受けると、eTAも同時に承認されます。
  • 6か月以内の短期留学生は就学許可証の申請は不要ですが、eTA取得が必要です。

なお、カナダ市民とカナダ永住権保有者の場合eTA取得の必要はありません。

カナダ・サマープログラムに参加される方へ

私がゼネラルマネージャーをつとめるカナダで親子留学や留学サポートをしている「フロムウエスト(Fromwest Marketing)」では、カナダの旅行会社のライセンスを持っています。

 

世界各国から留学生が集まる現地の人気校ボドウェルハイスクール(Bodwell High School)のサマースクールをお申し込みの場合は実費(7ドル)のみでeTA取得の代行等お手伝いをさせていただきます。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい

 

※本内容は、2015年12月現在カナダに留学中のお子様をもつ保護者の方へ入国管理局から来たメールによる情報と、2015年11月東京で行われたカナダ大使館による留学フェアにてカナダ大使館からの説明より得たものとなります。最新の詳しい情報は必ずカナダ政府の公式サイト内、イミグレーション関連ページやeTA関連ページ( www.canada.ca/eTA )をご確認ください。

関連サイト

この記事を執筆したGlolea!アンバサダー

中込惠子(Keiko Nakagomi)
Glolea! カナダ親子留学アンバサダー
バンクーバー

2002年親子留学専門会社「フロムウエスト」設立。カナダ・バンクーバーを中心に、親子留学・子ども留学・小学校留学・高校留学・サマーキャンプ・語学留学・ホームステイのご紹介とサポート。コンセプトに合わせて作る”オーダーメイド留学”が得意。あなたのカナダ留学を応援&サポートします。

お得な無料プレゼントやキャンペーン情報をお届けします![不定期配信]