外国人が喜ぶ日本料理!フライパンで作る★人気の「天ぷら」レシピ − ホームステイ&留学でつくりたい!世界とつながる「和食」vol.5

入江麻以(Mai Irie)
Glolea! 世界とつながる和食アンバサダー

ホストファミリー受け抜群!フライパンで作る「天ぷら」に親子でLet’sチャレンジ

天ぷらは揚げ物だし、ハードルが高い…そう思っていませんか?

 

フライパンで簡単に作る方法を知っていれば、ホストのキッチンをお借りすることになっても大丈夫!

 

コツさえ知れば、少ない量の油で、誰でも上手に、サクッとした天ぷらが作れます。

 

やはり、外国人にとって、寿司と天ぷらは不動の人気

 

どちらのメニューも、レストランで食べる高級なものというイメージなのです。作ってあげると大変喜ばれる理由も、そこにあります。

今回ご紹介する海外で作りたい和食の鉄板メニュー。外国人が喜ぶ日本食「フライパンで作る!人気の天ぷら」材料とレシピはこちらです。

INGREDIENTS/材料
フライパンで作る!人気の「天ぷら」(2人分)

フライパンで作る!人気の「天ぷら」レシピ

▲色とりどりの食材は美味しそうに見せてくれる効果も!

材料

  • えび 4尾
  • アスパラ 2本
  • ズッキーニ 1/4本
  • ナス 1/2本
  •  人参 1/4本
  • 天ぷら粉 小さじ2
  • 揚げ油…適量

 

天ぷら衣

  • 天ぷら粉 50g
  • 水(冷蔵庫でよく冷やしておく) 70〜80cc

 

天つゆ

  • だし 60cc
  • しょう油 大さじ1
  • みりん 大さじ1

フライパンで作る「天ぷら」の作り方 

手順

  1. えびは尾を残して殻をむき、背わたを取る。水でよく洗い、ペーパータオルで水気を取る。腹側に数カ所切り込みを入れ、身を伸ばす。使う直前まで、冷蔵庫で冷やしておく。

    フライパンで作る!人気の「天ぷら」レシピ▲冷水を使うことで、グルテンの発生が抑えられます。

  2. ズッキーニとなすは、食べやすい大きさに乱切りに切る。アスパラは、斜めに三等分に切る。人参は5センチ長さの千切りにする。

    フライパンで作る!人気の「天ぷら」レシピ▲粉をふりかけると、衣を外れにくくなります。

  3. (天つゆの準備)天つゆの材料を鍋に入れて、ひと煮立ちさせる。


  4. フライパンに揚げ油を高さ1.5センチほど入れて、170℃に温める。
     
     
  5. 天ぷら粉と水を混ぜ合わせる。衣は揚げる直前に作る。野菜、海老の表面に天ぷら粉(小さじ2)をふりかける。野菜、海老の順番に衣をつけて両面を揚げる。人参は衣に入れたらスプーンですくって、かき揚げにする。

    フライパンで作る!人気の「天ぷら」レシピ▲油がはねることもありますので、食材を入れたら、決して覗き込まないようにしましょう。
     

  6.  器に盛り付け、天つゆを添える。
    フライパンで作る!人気の「天ぷら」レシピ

水はよく冷やしておいて!
「フライパンで作る!人気の天ぷら」の作り方のポイント

サクッとした食感を出すには、いくつかポイントがあります。

 

薄力粉だけでも衣は作れますが、なるべく市販の天ぷら粉を使いましょう。でん粉が既に入っているので、失敗が少ないのです。そして、粉を溶く水はあらかじめ冷蔵庫でよく冷やしておくのも忘れずに

 

また、揚げるときの油の温度が低すぎると、ベタッとした仕上がりになりますので、170度位の温度で揚げていきます。目安としては、温めた油の中に、菜箸を入れて、箸先から細かい泡が出てくる程度です。

 

外国人やお子様へのおすすめの食材は、アスパラズッキーニ。海外でも手に入りやすく、グリーンの色が入ると、全体の見た目も良くなります。

 

えびは人気の食材ですが、甲殻類を召し上がらない方もいますので、参加者のアレルギーなどの有無も確かめて、場合によっては、ベジタリアン天ぷらにしたり、鶏のささみを使いましょう。

 

さあ、Let’s try Washoku!

「フライパンで作る!人気の天ぷら」にまつわる思い出&エピソード

お店では、お塩を添えられて出されることも多い天ぷら。

 

実は、海外の方は天つゆにつけて召し上がるのが大好きです。甘辛い味がたまらないのでしょう。

滞在中に天ぷらを食べに行ったら、塩しかなかった…。

とがっかりされていた方に、何人もお会いしました。

 

天ぷらを作る際は、是非天つゆも添えてみてください。ご飯にかけて、天丼風に楽しむ方もいます!

 

きっと喜んで召し上がっていただけますよ!

 

次回は「生クリームどら焼き」を海外の方に喜んでいただくTipsやエピソード、お子様と一緒につくるポイントと共にお届けします。お楽しみに!

この記事を執筆したGlolea!アンバサダー

入江麻以(Mai Irie)
Glolea! 世界とつながる和食アンバサダー

料理研究家・和菓子クリエイター。15歳までをシンガポール、大学卒業後は東京、香港に滞在。柳原料理教室にて日本料理、茶懐石を学び、近茶流講師免許取得。大手料理学校にて料理講師を務める。都内の自宅にて少人数制の和菓子教室を主宰。外国人に日本料理や和菓子を教える体験型のツアーのほか、企業へのレシピ提供も行う。

お得な無料プレゼントやキャンペーン情報をお届けします![不定期配信]