外国人が喜ぶ日本料理!簡単「パリパリ焼き餃子」レシピ − ホームステイ&留学でつくりたい!世界とつながる「和食」vol.1

入江麻以(Mai Irie)
Glolea! 世界とつながる和食アンバサダー

ホストファミリー受け抜群!日本の「パリパリ焼き餃子」に親子でLet’sチャレンジ

実は今、日本の焼き餃子が外国人に大人気です。

 

欧州では、お寿司屋さんのメニューに餃子があるほど、寿司と並んで人気の和食が「餃子」なんです。ホームステイ&留学中に餃子を作るメリットは、ただ美味しいだけにとどまりません。

 

餃子の皮を包む共同作業自体が楽しく盛り上がり、現地の方と仲良くなることができるイベントにもなるのです!

 

何事も一緒に作業することで、連体感と達成感が生まれますよね。餃子作りにホストファミリーを巻き込んでしまいましょう

 

彼らも初めての体験に大喜びです!

 

今回ご紹介する海外で作りたい和食の鉄板メニュー。外国人が喜ぶ日本食「パリパリ焼き餃子」材料とレシピはこちらです。

INGREDIENTS/材料
パリパリ焼き餃子(餃子20個分)

パリパリ焼き餃子レシピ

  • 餃子の皮20枚
  • 白菜またはキャベツ150g
  • ニラ30g
  • 白ネギ15g
  • サラダ油 小さじ2
  • 水50 cc

[A]

  • 豚挽き肉 150g
  • 塩 少々

[B]

  • 生姜の絞り汁 小さじ½
  • 塩 小さじ1/4
  • 砂糖 小さじ1/2
  • しょうゆ 大さじ1
  • ごま油、酒 各大さじ1/2

たれ

  • しょうゆ 小さじ1/2
  • 酢 小さじ1/2
  • ラー油 少々

パリパリ焼き餃子の作り方 

下準備

白菜またはキャベツは、ラップに包み、電子レンジで1分(600W)ほど加熱する。みじん切りにし、水気を絞る。

※電子レンジを使わない場合は、みじん切りにしてボウルに入れ、塩を加えて、よく揉み10分おき、水気を絞るでも良い。

 

手順

  1. ニラ、白ネギはみじん切りにする。
  2. ボウルに豚挽き肉、塩少々を入れ、粘りが出るまでよくこねる。白菜、ニラ、白ネギ、Bを加えてよく混ぜる。
  3. 皮の中央にたねをのせる。皮の周りに水をつける。手前から二つに折って、片側に4箇所ほどひだを寄せ、包み口をしっかり閉じる。皮が乾燥しないように、ラップをかける。
  4. フライパンにサラダ油を熱し、餃子を円形に並べる。強火で1分焼き色をつける。水を加え、すぐに蓋をして、蒸し焼きにする(中火約4分)。焼き目を上にして盛り付ける。

「パリパリ焼き餃子」の作り方のポイント

餃子の皮は「dumpling wrappers」といいます。餃子の皮を海外で入手される場合、多くの場合アジア系のマーケットで入手可能です。

 

美味しく仕上げるポイントはfillings(たね)を粘りが出るまでしっかりと混ぜること

 

餃子の“ひだ”は英語でpleats(プリーツ)と言います。“ひだ”がうまくできなくても、きちんと閉じていればOK。また、皮に乗せるたねの量を少なめにしてあげると、子供でも包みやすいでしょう。

 

しっかり焼き目をつけることでcrispy(パリパリ/クリスピー)な食感を楽しめますよ!

 

さあ、Let’s try Washoku!

「パリパリ焼き餃子」にまつわる思い出&エピソード

私の主宰する料理教室には、海外からたくさんの方がご家族や友人と、餃子を作りにやってきます。

 

参加者のほぼ全員が、餃子作りは初めて。

 

包み方は、時間をかけて、丁寧にお教えしていますが、

出来上がった形が少々いびつでも、包み方に個性があっても、問題ないよ!

と笑顔でお伝えしています。

 

そうすると、大人も子供も本当に楽しそうに、作られます。出来栄えや形などにこだわりすぎず、肩の力を抜いてトライしてくださいね!

 

次回は、外国人が喜ぶ鉄板の和食として「手まり寿司」レシピと作り方を、海外の方に喜んでいただくTipsやエピソード、お子様と一緒につくるポイントと共にお届けします。お楽しみに!

この記事を執筆したGlolea!アンバサダー

入江麻以(Mai Irie)
Glolea! 世界とつながる和食アンバサダー

料理研究家・和菓子クリエイター。15歳までをシンガポール、大学卒業後は東京、香港に滞在。柳原料理教室にて日本料理、茶懐石を学び、近茶流講師免許取得。大手料理学校にて料理講師を務める。都内の自宅にて少人数制の和菓子教室を主宰。外国人に日本料理や和菓子を教える体験型のツアーのほか、企業へのレシピ提供も行う。

お得な無料プレゼントやキャンペーン情報をお届けします![不定期配信]