おうち英語始め方&続け方[赤ちゃん〜幼児編]
コロナ禍の今だからこそトライしてみよう!

船山 直子(Naoko Funayama)
Glolea! シリコンバレー&ハワイ親子留学アンバサダー

2019年末、世界で最初に新型コロナウイルス(COVID-19)が発見され、今も新型コロナウイルスによる世界各地での緊急事態宣言やロックダウンが続いています。

 

まさか、毎日の外出に恐怖を感じる日が来るなんて誰が想像したでしょう? 生活のすべてに影響がでてしまいました。

 

私達家族が住んでいるカリフォルニア州では、去年の3月から自粛生活が始まり、1年経って、やっと少しずつ以前の生活に戻り始めたばかり、という状況です。

米国カリフォルニア州では必要不可欠な外出を控える日々が続いています

▲米国カリフォルニア州では必要不可欠な外出を控える日々が続いています

私自身はダンス、息子はテニスを習っていましたが、今も再開されていません。

 

さて、この環境になっても、全く影響を受けなかったもの、それが「家庭学習」。

 

我が家の場合は「おうち英語」でした。

 

子ども達にとって、何かを学ぶ、習うことにおいて、続けること、習慣化することことが一番大切です。

親子で楽しく「おうち英語」。はじめかた&継続のコツはある?

▲親子で楽しく「おうち英語」にLet’s try!! はじめかた&継続のコツはある?

今回の記事では、不測の事態のおいても、楽しみながら継続できるおうち英語の始め方、続け方をご紹介します。

ママ・パパが英語を話すことができなくても「おうち英語」はできるの?

おうち英語は

ママ・パパが英語を話すことができなくてもできる

と言われています。

 

なぜでしょう?

英語力に自信がある「留学経験者」「帰国子女」でも子どもに話しかける言葉は初心者!?

「おうち英語」は英語ができなくてもはじめられるってホント?

▲「おうち英語」は英語ができなくてもはじめられるってホント?

私を含め、いくら留学経験があっても、帰国子女であっても、英語で子育てをしたことがないと、子どもや赤ちゃんに話しかける言葉は案外知らないものなのです。

 

私はアメリカの大学に留学し、仕事でもずっと英語を使ってきました。

 

しかし、小さな子ども達に四六時中話しかける経験は皆無。そのため、息子が1歳の時に

よし、バイリンガル育児にトライしてみよう!

と思った時、

あれ? これって英語でなんて言うんだっけ?

と、悩むことがたくさんあったのです。

「おうち英語」は英語を話せないママでも大丈夫!

そのため、インターネットでいろいろ言い方を調べたり、テキストを探したりしました。

 

英語上級者であっても

英語を話せない

とおっしゃるママたちと同じ。インターネットなどを駆使して「おうち英語」を模索しているのです。

「おうち英語」を始めた頃の私たち親子

▲「おうち英語」を始めた頃の私たち親子

なので

おうち英語にチャレンジしてみたい

と思われたら、インターネットの力を駆使して自信を持って「おうち英語」に取り組んでみましょう

赤ちゃん〜幼児のお子様と今日からはじめてみよう! 「おうち英語」のはじめかた

3ステップで簡単にはじめる「おうち英語」

▲「おうち英語」は3ステップから簡単にはじめることができます!

日本語で赤ちゃんに話す言葉には可愛い響きが多いですよね。

 

たとえば

びりびり~

ぺったん

「擬音語」や「擬態語」で表現しながら話しかけることも頻回です。

 

しかし、英語の場合に上の言葉をそのまま訳すと

cut

stick

となってしまいます。

 

日本語で擬音語や擬態語を使う場合でも、英語に直訳すると、ごく一般的な動詞になってしまうため、赤ちゃん〜幼児のお子様とのおうち英語で抵抗を感じてしまうママも多いと思うのです。

3ステップではじめる!
赤ちゃん〜幼児さんとの「おうち英語」は簡単な単語を繰り返しながら楽しくスタート

「cut, cut♪」「stick, stick♪」と工作をしながらの「おうち英語」もおすすめです。

▲「cut, cut♪」「stick, stick♪」と工作をしながらの「おうち英語」もおすすめです。

そこで私は、

cut, cut♪


stick, stick♪

と繰り返し、英語の音の響きも楽しみながら子どもが意味も吸収しやすくなるよう工夫していました。

 

  • Step1:
    まずは親子の日常で毎日頻繁に使っている言葉を1つ見つける
  • Step2:
    頻回に使っている言葉は英語ではなんと言うのか調べてみる
  • Step3:
    毎日その英単語を自然に使えそうな時間を決めて親子の会話で使ってみる

という3ステップで、単語やボキャブラリーを増やしてみましょう。

 

我が家の場合、息子が初めて話した英単語は、

more

でした。

 

これ、たった一単語なんですが、とっても便利!

 

例えば、おかわりが欲しい時の

more!

絵本をもっと読んでほしいの

more!

そして、もっと欲しい?とママが聞きたい時も、

More?

でOK。

 

簡単ですし、いつでも使えるので毎日使ってました。

 

このように、一つ使える単語を見つけたら、毎日その英単語を自然に使えそうな時間を決め、努力しなくてもその言葉を言うことが親子にとって当たり前になることを目指してみましょう

「これ英語でなんて言うんだろう?」と思ったら?

あなたが子育てに毎日使う言葉には、どんなものがあるでしょうか?

 

先程の”more”のように、単語だけ、動詞だけで使えるものからまず始めてみましょう

 

特に自然なカタカナで知っている言葉だと、抵抗なく口にすることができます。

親子で楽しくコミュニケーションしながら「おうち英語」を継続してみましょう!

▲親子で楽しくコミュニケーションしながら日常的に使う簡単な単語から「おうち英語」をスタート!

タッチして/touch

手をたたいて/clap

ハグして/hug

慣れてきたら…簡単な英語センテンスにもチャレンジしてみよう!

慣れてくると、これらの言葉をこんな風に文章にすることができます。

Touch this./これに触って

Clap your hands./手をたたいて

Hug mommy./ママをハグして

「おうち英語」で使ってみたい単語&センテンスを調べるためのネット検索のコツはある?

「調べたい日本語+英語」とPC・スマホ・タブレットで気軽に検索してみましょう♪

▲「調べたい日本語+英語」とPC・スマホ・タブレットで気軽に検索してみましょう♪

これは英語でなんて言うんだろう?

と思われたら、とにかくインターネットで「調べたい日本語+英語」で検索します。

 

たとえば「タッチ 英語」

 

インターネットには数多くの辞書がありますので、ご自身で調べやすいものを選んで、毎回使うようにしていると、例文も言いたい表現も見つけやすくなります。

 

少々「aがつくのか」「theがつくのか」…と迷われることもあると思いますが、aやtheの使い方はネイティブでも間違えますから、気にせずにどんどん英語で話しかけましょう

まとめ:おうち英語は始めることよりも続けることを! 習慣化を目指して楽しみましょう

親子で笑顔あふれる「おうち英語」時間を楽しみましょう!

▲親子で笑顔あふれる「おうち英語」時間を楽しみましょう!

おうち英語の目的は「英語で楽しく親子時間を過ごすこと」「親子の時間を英語で楽しくすること」だと思います。

 

だからルールは親子で決めていいと思うのです。

 

何か絶対しないといけないと思うことはありません。

 

ただし、出来る限り続けられるように、習慣化することがとても大切です

 

だから、初めに

今日からずっと英語で話す!

とか、四六時中

これって英語でなんて言うんだろう?

と、ストイックに考える必要はありません。

 

細くても長く続けられるように、まずは毎日5分から、もしくは一つの言葉から、毎日ずーっと使うことを心掛けてみましょう。

 

生まれた時から赤ちゃんはママの声が大好き。

 

そのママにしかできない時間をぜひ楽しんでくださいね。

 

今回は、赤ちゃんから幼児さんへのおうち英語の始め方、続け方についてお伝えしました。

 

次回は「小学校高学年のお子様とのおうち英語のはじめかた&楽しみ方」についてお伝えしたいと思います。お楽しみに!

記事をお読み頂きありがとうございました!

みんなの評価: -- (0件)

この記事を執筆したGlolea!アンバサダー

船山 直子(Naoko Funayama)
Glolea! シリコンバレー&ハワイ親子留学アンバサダー

2013年から、鎌倉を拠点に親子留学を目指す英会話スクールを主宰。また英会話教室コンサルタントとして、全国の英会話教室をサポートしています。 2018年に渡米し、現在はカリフォルニア州シリコンバレー在住。 6歳と11歳の子供たちのバイリンガル育児は、日本語力維持向上に奮闘中。現地小学校ではPTA会長を務めています。

お得な無料プレゼントやキャンペーン情報をお届けします![不定期配信]