簡単なのに本格派!モロッコのトマトサラダ「シュラダ・マテシャ」
Shlada Matesha – Tomato Salad | Glolea![グローリア]

Global + Learning = Glolea!
Let's have positive relationships with diverse people
who have different cultures.
Study abroad with your kids to know our world for the
glorious future!

ちょっとグローバル志向な
ママ&キッズのための情報サイト
グローリア

Cook the world

簡単なのに本格派!モロッコのトマトサラダ「シュラダ・マテシャ」
Shlada Matesha – Tomato Salad

Total cooking time: About 10min

モロッコ料理 – 代表的なトマトサラダ“Shlada Matesha”

学生時代、世界中をバックパッキングで旅行していた私は、社会人になってからは、行く先々で現地の料理を学ぶ旅行スタイルに夢中になりました。

 

様々な国で参加する料理教室はどれもとても貴重な経験です。中でも最も印象に残っているのがモロッコ旅行です。モロッコのマラケシュにある料理学校に8日間通いました。

 

昼・夜の食事をコースメニューで調理するクラスで、習ったレシピは60を超えます。

 

モロッコ料理の特徴はクミンが多用されていることです。モロッコ料理を毎日ひたすら作り(それもすごい量!)食べ続けた結果、旅の終盤にはクミンの香りだけで胃がもたれてしまう始末。

 

実は、クミンには消化を助ける働きがあり、数千年前から胃腸薬やミイラの防腐剤としても使用されてきました。先生に「食欲がない…」と伝えると、胃腸薬だからこれをのみなさいと、水にクミンを入れたもの手渡され苦笑いしたのが今となっては良い思い出です。

 

今回はモロッコの代表的なサラダ、シュラダ・マテシャのレシピをご紹介します。  

INGREDIENTS/材料 (3~4名分)

  • トマト  500g(大2個)
  • 紫玉ねぎ        60g
  • サニーレタス      50g
  • パセリ(みじん)   小さじ2
  • 香菜(みじん)     大さじ1
  • クミン         小さじ1
  • 塩           小さじ1/2強
  • レモン汁        小さじ2
  • オリーブ油       大さじ1

 

DIRECTIONS/作り方

  1. トマトは種を取り除き7mmの角切りにする。レタスも7mm角にざく切りにする。紫玉ねぎは細かいみじん切りにする
  2. パセリは茎を取り除いてみじん切りにし、香菜は茎ごとみじん切りにする
  3. ボウルに全ての材料を入れ、よく混ぜる
  4. 器に盛りつけ、最後に香菜の葉(分量外)をちぎって散らす

 

POINT/ポイント

シュラダはサラダ、マテシャはトマトの意味です。全ての材料をボウルに入れて混ぜれば完成。とても簡単なのに美味。材料はシンプルですが、クミンと香菜が入るだけで一気にモロッコの味に変身します。   モロッコのトマトサラダ Shlada Matesha Tomato Salad Morocco  

モロッコ王国/Kingdom of Morocco المملكة المغربية‎

  Morocco

“モロッコ王国(モロッコおうこく)、通称モロッコは、北アフリカ北西部のマグリブに位置する立憲君主制国家。東にアルジェリアと、南にサハラ・アラブ民主共和国(西サハラ)と、北にスペインの飛び地セウタ、メリリャに接し、西は大西洋に、北は地中海に面している。首都はラバト。 地中海世界とアラブ世界の一員であり、地中海連合とアラブ連盟とアラブ・マグリブ連合に加盟している。モロッコはサハラ・アラブ民主共和国を自国の一部であるとの立場から独立国家として承認しておらず、1984年にサハラ・アラブ民主共和国のアフリカ統一機構加盟に反対して同機構を脱退して以来、現在もモロッコはアフリカ大陸唯一のアフリカ連合非加盟国となっている。

From Wikipedia

お得な無料プレゼントやキャンペーン情報をお届けします![不定期配信]

特集!
春休み英語キャンプ2019
Global + Learning = Glolea!
Let's have positive relationships with diverse people who have different cultures.
Study abroad with your kids to know our world for the glorious future!
©tiedhearts, Inc.