イギリス親子留学&ホームステイ体験記[Vol.1事前準備編]
– 子連れ海外旅行ではなくプチ親子留学を希望した理由&ホストファミリーとのコミュニケーション –

後藤雅代(Masayo Goto)
Glolea! イギリス親子留学&旅育アンバサダー

こんにちは! Glolea! イギリス親子留学&旅育アンバサダー 後藤雅代です。

 

今回から、私達ファミリーが実際にイギリスへプチ親子留学をし、教師宅ホームステイを経験した時の体験を何回かに分けて連載していきます。

 

連載を通じて

  • なぜ子連れ海外旅行ではなくプチ親子留学を選んだのか
  • 日本からどのように現地のホストファミリーを探しコミュニケーションをとったのか
  • 実際のイギリス滞在中の生活
  • 帰国後のホストファミリーとの交流

…まで詳しくお届けしてまいります! 親子でイギリスでのプチ親子留学をお考えの方の参考になれば幸いです。

なぜ子連れ海外旅行ではなく「イギリス親子プチ留学」に教師宅ホームステイを選んだの?

私達家族が子連れ海外旅行ではなく、イギリスでのプチ親子留学を選んだ動機は大きく分けて2つありました。

プチ親子留学を選んだ理由1:
子連れ海外旅行にもっと“学びの要素”を取り入れたい!

学びの要素が違うことが子連れ海外旅行と親子留学の違い

一つめは「普通の海外旅行にもう少し学びの要素を取り入れたい」と思った事です。


連載第1回目でもお伝えした通り、私は旅行会社を営んでいるという事もあり、子どもが小さな時から年に一度は海外旅行に出かけています。


「子どもも大人も楽しめる旅行」について工夫し、回数も重ねていましたが、子ども達が成長すると、

せっかくの海外旅行だからこそ少し勉強の要素も取り入れてみたい

という思いが強くなってきたのです。

プチ親子留学を選んだ理由2:
海外の人ともっとお話をしてみたい!

二つめは

海外の人ともっと話してみたい

というシンプルな私の願いです。


旅行は毎日色々なところを訪ねて刺激が満載、とても楽しいのですが観光地で、地元の人と会話するチャンスはあまりありません…。


もっと人と話して、海外の人の価値観や思想を知りたい欲が私の中で大きくなってきた事も動機の一つです。

イギリス親子プチ留学ならではの3つのメリット

イギリス親子留学を選んだ理由

もともと、イギリスで英語教師宅にホームステイできるプログラムがある事は知っていましたので、条件を詳しく調べてみましたところ、

  1. 最短1週間からなので旅行感覚で行ける
  2. 日常会話でも正しい、きれいな英語が聞ける
  3. 英語レッスン以外に「料理」や「ハイキング」などの娯楽もプログラムに入っている

上記のような点が、未就学児も含む私達家族がホームステイするのにぴったりの融通の利く内容だと思い、現地手配会社を通じてイギリス親子留学先のホストファミリーを探してもらう事にしました。

時期は? 人数は? 滞在条件を明確にしてホストファミリー探し

「ホームステイ」というと、学生が単身でするイメージが強いかも知れませんが、私たちは、

  • 私の母
  • 子供3名

総勢6名でした。しかも滞在時期は年末年始、大晦日や元旦を含む1週間の日程でした。


ヨーロッパはクリスマスが重要なイベントとはいえ、多くの人は家族水入らずで過ごしたい時期かもしれません。

私たちの出した人数と時期の条件はかなり厳しいかも知れない…。

そんな風に考えながらおそるおそる打診してみますと、1軒、手を挙げてくれるお宅がありました!


ロンドンから西に200キロほど離れた地方都市エクセターにお住まいの先生でした。

 

エクセター、私ははじめて聞く街でしたが年末年始に6人を受け入れてくださる事がありがたく、即決しました。

先生が決まった! 前後の日程も順に決めていく

イギリス親子留学のスケジュール

滞在先が無事決まったので、次に飛行機を手配しました。


ホームステイが終わったあと、ロンドンに数日滞在して市内観光を加えた計画で手配を進めました。


イギリス国内の移動は、列車という選択肢もありましたが人数も考慮し、レンタカーを借りる事にしました。チャイルドシートも、車と合わせて借りることができます。


こうして、着々と準備を進めていきました。

出発1か月前を目安に先生と直接メールでやり取り

ホームステイ開始期日の約1か月前になりますと、先生から直接Eメールが届きました。

クリスマスの飾りつけの最中です

といった近況の話から、

レッスンを受ける子供達の英語レベルや日本ではどんな教材で英語を勉強しているのか?

など、学習に関しての質問がいくつかありましたので、それに対して返信しました。


先生からのメールには飾りつけの済んだクリスマスツリーの写真が添付されていました。

 

いよいよこちらの家にお世話になるのだと、ホームステイが現実味を帯びてきました。

いかがでしたか? 今回は次回はイギリス親子留学&ホームステイ体験記<事前準備編>をお届けしました。次回は、「渡英、ロンドン空港からホスト先到着まで」の様子をお届けします! お楽しみに。

記事をお読み頂きありがとうございました!

みんなの評価: -- (0件)

この記事を執筆したGlolea!アンバサダー

後藤雅代(Masayo Goto)
Glolea! イギリス親子留学&旅育アンバサダー

およそ40ヶ国旅した経験談も含めながら、子連れの海外プチステイや海外旅行をすすめています。『お母さんが楽しいと子どもも楽しい!』自己犠牲を強いられがちな日本の子育てを変えたいと考えています。子連れで行った国は15ヶ国。うちイギリスでは親子ホームステイを経験。3児の母。

お得な無料プレゼントやキャンペーン情報をお届けします![不定期配信]