英語で「whoops-a-daisy」ってどういう意味?★ゆるゆる親子英語&励ましことばフレーズ♪vol.2

橋元知子(Tomoko Hashimoto)
Glolea! ポジティブ保育英語アンバサダー

子供が牛乳をこぼしてしまった場面で使いたい
ゆるゆる親子英語フレーズ…whoops-a-daisy.

whoops-a-daisy(ウプス・ア・デイジー)ってどういう意味?

 「whoops-a-daisy」でちょっとしたトラブルもほのぼのした場面に

今回は牛乳をこぼしてしまった場面のゆるゆる英語をご紹介しますが、その前に皆さまに質問です。

Q: お子さんに牛乳をそのまま与えて良い年齢は何歳でしょうか?

子育て経験者も恐らく忘れている、この答え。

 

正解は、

A:満1歳から※1

です。

 

しかし、いきなり冷たいものをそのまま与えて良いわけではなく、徐々にステップアップしていきます。

 

人肌くらいに温めたもの→室温くらいに戻したもの→冷たいもの

 

です。

 

ちょっと専門的な話になりますが、これは牛乳のタンパク質の分子が大きく、いきなり冷たいものを与えると消化機能が未熟な赤ちゃんの腸に負担をかけてしまうからです。

 

この時期の他の発達を見ていきますと、2つ挙げられます。

  • 1歳ちょっと前位から、ストローからコップへ以降する
  •  「自分で」やりたがる ≫ 第1回目記事参照

※共に個人差あり

whoops-a-daisy(ウプス・ア・デイジー)の使用場面

すなわち、この時期の発達を合わせると、

 

「牛乳」 + 「コップ」 + 「自分で!」となり、「=こぼす」となることが容易に想像できるかと思います。

 

牛乳はこぼすと臭いので、このようなハプニングが起こった場合、頭を抱え込みたくなりますよね?

 

しかし、この場面では、ちょっと一呼吸起き、

whoops-a-daisy / あらら。

と言ってみましょう。

「whoops-a-daisy.」どう発音する?

「whoops-a-daisy」はどのように発音するのでしょう。

 

発音は

ウープ サ デイズィー

です。

 

特に意味はなく

  • Upsy-daisy
  • Oopsy-daisy

などと書くこともあります。

 

Whoopsでも通じますが「a-daisy」の部分が、可愛らしさとほのぼの感を与えてくれます。

「whoops-a-daisy.」という言葉に秘められた励まし効果とは?

Oh no! / えー!

ではなくて

Whoops-a-daily / あらら

これだけで、子どもは

失敗しても僕/私はダメな子じゃないんだ

という気持ちになれ、色々な事にチャレンジするようになるでしょう。

コラム:whoops-a-daisyにまつわる英語子育て…我が家の場合

3児の母の私。実は1人目の子育てからWhoops-a-daisyと言えていたわけではなく、最初の頃は

Oh nooo!

と頭を抱え混んでいたことが多かったように思います。

 

しかし、ある時ふと、牛乳をこぼしてしまった後の我が子が、とても悲しそうな顔をしていることに気が付きました。

 

そして、その時に初めて、自分の反応がどれだけ我が子に影響を与えているのか、ということが分かったのです。

 

可愛らしさをもつ言葉「Whoops-a-daisy」。

 

今日からでも是非使ってみて下さいね。

 

※1:厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」より

 

連載:ゆるゆる親子英語&励ましことばフレーズとは?
お子さんに「英語好きになってほしい!」そんな声をよく聞きます。英語好きを促す最適な方法は何と言っても、ママやパパがお子さんと一緒に楽しく英語を学ぶことです。「英語って楽しいものなんだよ」というポジティブ・メッセージを送ることが、お子様が英語好きになる一番の方法です! 英語圏のポジティブマインドを言語&フレーズと共に吸収し、英語を話しているときだけでなく、それ以外の生活においてもポジティブ思考で子育てできたらよいですね。前回までの連載でお伝えしてきた英語の褒め言葉と合わせて、子育て中の親御さんに是非とも知って頂きたいもう一つの英語。それは励ましの英語フレーズです。お子さんには、辛い時、不安な時、大変な時にこそ、ポジティブ思考でいて欲しいもの。落ち込んでいる時、大好きな親御さんがひと声かけてあげるだけで、お子さんは明るくなれます。本連載「ゆるゆる親子英語&はげまし言葉フレーズ」では、様々な励まし言葉をお伝えします。励ましを通じて明るくなったお子さんの笑顔が、親御さんにも幸せをもたらす…そんな英語フレーズを連載を通じてご紹介していきます!

記事をお読み頂きありがとうございました!

みんなの評価: -- (0件)

この記事を執筆したGlolea!アンバサダー

橋元知子(Tomoko Hashimoto)
Glolea! ポジティブ保育英語アンバサダー

ポジティブ保育英語を取り入れた子育てを実践中(3児の母)。親が英語や異文化の楽しさを感じれば子どももこれらを好きになると信じている。保育士免許。英検1級。保育英検1級。英語学習学コーチ。大学にて非常勤講師を勤め、小学校英語教員研修講師としても活躍。共著「すぐに使えるIt's英会話」

お得な無料プレゼントやキャンペーン情報をお届けします![不定期配信]