sponsored by 株式会社たびえもん

イギリス親子留学&ホームステイ体験記[Vol.3教師宅ホームステイでの英語レッスン編]

後藤雅代(Masayo Goto)
Glolea! イギリス親子留学&旅育アンバサダー

教師宅ホームステイ中の子供の英語レッスンの様子&大人はどう過ごす?

こんにちは! Glolea! イギリス親子留学&旅育アンバサダー 後藤雅代です。

[集中連載]イギリス親子留学&ホームステイ体験記

今回は、集中連載第3回目として私達ファミリーが実際にイギリスへプチ親子留学をし、教師宅ホームステイでの英語レッスン経験をお届けします。

 

本集中連載を通じて

  • なぜ子連れ海外旅行ではなくプチ親子留学を選んだのか
  • 日本からどのように現地のホストファミリーを探しコミュニケーションをとったのか
  • 実際のイギリス滞在中の生活
  • 帰国後のホストファミリーとの交流

…まで詳しくお届けしてまいります! 親子でイギリスでのプチ親子留学をお考えの方の参考になれば幸いです。

英語マンツーマンレッスン開始!

さあ、いよいよ英語のマンツーマンレッスンが始まりました。


レッスンを受講するのは3人の子ども達です。先生宅に到着した日、どのような方針でレッスンを行うか親と先生で相談をし、まずは3人全員でレッスンを受けて英語のレベルをみてもらう事になりました

ちなみに子ども達の年齢は長男10歳、長女8歳、次女5歳です。

 

みんなが食事するリビングの大テーブルが教室です。先生を取り囲むように子どもたちが座り、レッスンが始まりました。

親がレッスン受講しない場合の過ごし方

付き添いの親は寝室で、持参したパソコンでメールチェックをしたり、読書をしたり、のんびりと過ごします。

 

挨拶や、簡単なフレーズを先生と唱和する子どもの声が時折聞こえてきます。

子供達のレッスンの進み方

5日間の期間中、レッスン形態は柔軟に変わっていきました。


最初は3人一緒でしたが、次からは長男1人が先生とマンツーマンレッスン、下2人の娘がグループレッスンの形をとり、その後、比較的理解していると判断された長女は、長男のレッスンに入って一緒に受講しました。

おもちゃにインターネット…自宅学習でも教材は豊富

英語資格を持つ先生のご自宅とはいえ、学校のように黒板や特殊な教材があるわけではありません。

 

ですが、先生は家庭にあるものを上手に利用して子どもたちへ分かりやすく英語を教えてくれました


比較的英語を理解していた長男は、専用のテキストブックを1冊渡され、それに沿って学習を進めていきました。

 

先生は日本語を話せませんので、例えば単数形と複数形の説明なども全て英語です

 

どうしても日本語の補助が必要、と先生が判断された場合はネットの翻訳機能を使って理解をうながしていました。


また宿題も出され、日本から持参した小学生向けの和英辞書を片手に寝室でうんうん頑張っていました(笑)。


下の娘達は、先生の家にあるおもちゃが恰好の教材でした。
レゴブロックのライオンやゾウ、キリンを一つ一つ見せて

LION

ELEPHANT

GIRAFFE

と何度も声に出したり、アドベントカレンダーは数字の練習にうってつけでした。

日本のマンガの英訳版は勉強に役立つ!?

午前中はレッスン、午後は自由時間というとてもゆったりしたスケジュールなので、午後にはよく家族で外出しました。


街の中心部には大きな書店があり、教材になりそうな英語の絵本などを探しに行きました。


日本のマンガもかなり一般的になっているようで、本棚ひとつぶんのコーナーがしっかり出来ていました。

 

長男が

読んだことある! セリフもだいたい思い出せる!

というマンガを1冊買い求めました。

 

英語学習の足しになるかと思ったのですが、先生に見せると

これはアメリカ英語に訳してあるね

と複雑な表情…。

ただ英語を学ぶだけでなく環境から学ぶことができるプチ親子留学経験

書店にある英訳本がイギリス英語訳か、アメリカ英語訳か、そもそも私たちはそんな視点もなくて思いもよらなかったのですが、使われている単語などが違うとのことでした。

 

イギリス英語の教材としては不適当でしたが、先生はイギリス英語とアメリカ英語を厳密に区別されていること、そして今、両方が入り混じっている社会状況に複雑なお気持ちを持っていらっしゃることが分かり、これはこれで、良い経験でした。

いかがでしたか? 今回はイギリス親子留学&ホームステイ体験記<教師宅ホームステイでの英語レッスン編>をお届けしました。次回は「プログラムに入っているアクティビティについてのレポート」をお届けします! お楽しみに。

 

イギリス親子留学&英語教師宅ホームステイのすすめ

英語学習はもちろんのこと、海外のライフスタイルを気軽に経験できる機会として、短期の親子留学&教師宅ホームステイを選ばれる方が増えています

 

イギリスでの滞在を通じて親子で成長できるのはもちろんのこと、大人ひとりの留学とは違い、子連れだからこそ発見できる価値観や文化の違いも沢山あります。

 

毎日のホストファミリーとの雑談や、子どもへの言葉かけ、接し方など…ちょっとした事から、イギリスの子育て観、教育観などが垣間見えます。

 

ぜひ積極的に話してかけてみて下さいね!


また一般的な旅行と違い、毎日アクティブに動き回る事が少ないために、特に小さなお子様にとっては体力面での負担が少なく、毎日同じ顔触れの人と接するために精神的な安心感も得られるようです。

 

実際にステイが始まってみると、意外に生活のリズムがゆったりしていると感じられるかと思います。リラックスできる雰囲気の中、しっかり英語力は伸ばし、さらにイギリスならではの文化経験もできる。実りの多い滞在になるかと思います。


イギリス親子留学&教師宅ホームステイは1週間からのアレンジが可能です。


0歳以上のお子様とのステイの場合、英語レッスン中はベビーシッターのご利用も可能です。

 

またお子様が10歳以上であれば、単身渡航のキッズ留学も可能ですよ!

 

親子が一緒にいられる時間は長いようで短いです。
イギリスで過ごした豊かな時間はそれぞれの心に一生残る思い出となります。


ぜひ、イギリス親子留学&教師宅ホームステイにチャレンジしてみてください。

関連リンク

記事をお読み頂きありがとうございました!

みんなの評価: -- (0件)

この記事を執筆したGlolea!アンバサダー

後藤雅代(Masayo Goto)
Glolea! イギリス親子留学&旅育アンバサダー

株式会社たびえもん取締役。およそ40ヶ国旅した経験談も含めながら、子連れの海外プチステイや海外旅行をすすめています。『お母さんが楽しいと子どもも楽しい!』自己犠牲を強いられがちな日本の子育てを変えたいと考えています。子連れで行った国は15ヶ国。うちイギリスでは親子ホームステイを経験。3児の母。

お得な無料プレゼントやキャンペーン情報をお届けします![不定期配信]