英語で「How would you like to spend your outdoor playtime tomorrow?」ってどういう意味?★おやすみ前の親子英語&Good night(グッドナイト)英語フレーズ vol.9

橋元知子(Tomoko Hashimoto)
Glolea! ポジティブ保育英語アンバサダー

明日をワクワク想いながら眠ることができるお休み前の親子英語フレーズ…How would you like to spend your outdoor playtime tomorrow?

眠る前に使える「親子英語フレーズ」はある?

▲お子様のベッドタイムに「How would you like to spend your outdoor playtime tomorrow?」と声掛けしてみましょう! 明日何して遊ぼうかな? と、明日をワクワク想いながら親子で楽しい夜時間を過ごすことができますよ♪

Outdoor playtime

という単語。皆さんは聞いたことがありますか?

屋外遊びの時間

と訳すことができますね。

 

この屋外遊び。子供全般において大切ですが、未就学児にとっては、特に重要です

「明日の屋外遊びの時間、どのように過ごしたい?」英語でどのように言う?

小学校ですと、外で遊べる時間は「中休み」や「昼休み」と呼ばれ、子どもたちが授業の合間に「休む」とされている時間ですね。

 

しかし、幼稚園や保育園などでは「休み」という単語を使いません。

 

これは、園生活においては「遊び」が1日の中心的な時間であるとされているからでしょう

幼児期の子どもにとって「遊び」が重要な理由とは?

子供に「遊び」時間が大切な理由とは?

先程述べたように、未就学児にとって、「遊び」は大変重要です

 

これは国の方針にも示されています

 

平成29年改訂の幼稚園教育要領解説「第1章 総説、第1節 幼稚園教育の基本、3 幼稚園教育の基本に関連して重視する事項」では、3つの重視する事項の1つに

遊びを通しての総合的な指導が行われるようにすること

が挙げられています。

 

そして、更にこのように書かれてあります。

幼児期の生活のほとんどは,遊びによって占められている。

 

遊びの本質は,人が周囲の事物や他の人たちと思うがままに多様な仕方で応答し合うことに夢中になり,時の経つのも忘れ,その関わり合いそのものを楽しむことにある。

 

すなわち遊びは遊ぶこと自体が目的であり,人の役に立つ何らかの成果を生み出すことが目的ではない。

 

しかし,幼児の遊びには幼児の成長や発達にとって重要な体験が多く含まれている。

幼稚園教育要領解説 p.30  

幼児期は特に遊び時間が大切です

以前、

幼い頃は遊びもお仕事

と聞いたことがありますが、このように見ていくと、本当にそうなのかもしれませんね。

 

因みに小学校学習指導要領の中にも「遊び」は出てくるのですが、これはあくまでも体育科図画工作科という科目の中での位置づけです。

 

未就学児にとって、とても大切な屋外遊びの時間。できれば、お子さんに目一杯楽しく過ごして貰いたいですよね?

楽しい明日を想いながら親子で心地よいベッドタイムを過ごしてみましょう

眠る前に使える「親子英語フレーズ」はある?

お子さんの目を、翌日の屋外遊びに向けるフレーズとして、

How would you like to spend your outdoor playtime tomorrow?/明日の屋外遊びの時間、どのように過ごしたい?

があります。

 

泥団子作り、鉄棒、かけっこ…等の夢を見ながら、笑顔で床につけるかもしれませんね。

「How would you like to spend your outdoor playtime tomorrow?」にまつわるワンポイント英語レッスン

お気づきになりましたでしょうか?

 

今回のフレーズ、

How would you like to spend your outdoor playtime tomorrow?

は、今までおやすみなさいの連載で紹介してきたフレーズと、ちょっと異なります。

ベッドタイムの親子英語

これまでは1日に起こった出来事を振り返るフレーズを紹介させて頂いたのですが、今回はこれから起こる出来事を考えるフレーズを紹介させて頂きました。

 

今日あったことではなく、明日の予定に思いを馳せながら目を閉じるのも、ワクワクして楽しいかもしれませんね。

 

連載:おやすみ前の親子英語&Good night(グッドナイト)英語フレーズとは?
お子さんに「英語好きになってほしい!」そんな声をよく聞きます。英語好きを促す最適な方法は何と言っても、ママやパパがお子さんと一緒に楽しく英語を学ぶことです。「英語って楽しいものなんだよ」というポジティブ・メッセージを送ることが、お子様が英語好きになる一番の方法です! 英語圏のポジティブマインドを言語&フレーズと共に吸収し、英語を話しているときだけでなく、それ以外の生活においてもポジティブ思考で子育てできたらよいですね。前回までの連載でお伝えしてきた英語の褒め言葉や、励まし言葉に続き、本連載では親子英語で使えるポジティブクエスチョンで子供と愉しむ「グッドナイト英語」フレーズをお届けします。ぜひ、夜寝る前や、保育園/幼稚園などの帰り道、一緒にお風呂に入っている時に、ポジティブ・クエスチョンを一日一問。お子様のその答えを、心で、全身で、「聴いて」あげてみてください。お子様は肯定的な気持ちで一日を振り返り、明日に備えることが出来るでしょう。また、親御さんは、たくさんのワクワクに溢れたお子さんの毎日を知ることができる、良いきっかけになると思います。アメリカではGood nightの挨拶の後に、sweet dreamsとつけますが、お子様も、親御様も、幸せな気持ちで床に入り、良い夢をみること間違いなしです

記事をお読み頂きありがとうございました!

みんなの評価: -- (0件)

この記事を執筆したGlolea!アンバサダー

橋元知子(Tomoko Hashimoto)
Glolea! ポジティブ保育英語アンバサダー

ポジティブ保育英語を取り入れた子育てを実践中(3児の母)。親が英語や異文化の楽しさを感じれば子どももこれらを好きになると信じている。保育士免許。英検1級。保育英検1級。英語学習学コーチ。大学にて非常勤講師を勤め、小学校英語教員研修講師としても活躍。共著「すぐに使えるIt's英会話」

お得な無料プレゼントやキャンペーン情報をお届けします![不定期配信]