英語で「Who made you smile?」ってどういう意味?★おやすみ前の親子英語&Good night(グッドナイト)英語フレーズ vol.5

橋元知子(Tomoko Hashimoto)
Glolea! ポジティブ保育英語アンバサダー

「私は大切にされている」と感じるきっかけとなるお休み前の親子英語フレーズ…Who made you smile?

5W1H 子供へのクエスチョン

▲5W1Hを使ったオープンクエスチョンでお子様に質問してみましょう!

英語教育を受けたことがある保護者様なら、恐らく一度は聞いたことがある

5W1H

これはなんの事だか、覚えていますか?

  • Who (誰が)
  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • What(何を)
  • Why(なぜ)
  • How(どのように)

ですね。

 

これらはどれもopen-ended question(開かれた質問)といって、

「Yes(はい)、」

「No(いいえ)」

で答えられてしまうclose-ended question(閉ざされた質問)よりも、回答者に自由に答える機会を与えます

お子さんとの会話に「Whoを使ったオープンクエスチョン」で質問することにLet’sチャレンジ!

お子さんとの会話に「Whoを使ったオープンクエスチョン」で質問してみましょう!

よって、いづれもお子さんに園での様子を聞く際に使っていただきたいのですが、もしWhoを使うとしたらどんな質問が浮かびますか

Who did you play with? / 誰と遊んだの?


Who was absent today? / 誰がお休みしてた?

などが、出てくるかも知れませんね。

寝かしつけの時間に「Who made you smile?」とお子様に聞いてみましょう!

そこに加えて聞いてみていただきたいのが、

Who made you smile? / 誰があなたを笑顔にさせた?

です。

 

Smile(笑顔)の力は偉大です

 

笑顔は笑っている人自身だけでなく、周囲の人をも幸せな気持ちにさせます。また、精神的、身体的にも良い事が科学的に証明されています。

 

人は生まれつき笑顔を作ります。新生児期の赤ちゃんは口角をあげて笑ったような表情を見せますね。

赤ちゃんの笑顔・笑い

これを新生児微笑または、生理的微笑などと言いますが、これは赤ちゃんが何かをみて面白いと思ってやっていることではなく、反射的におこなっていることなのです。

 

新生児微笑が起きる理由ははっきりとは分かっていないのですが、効果としては養育者に赤ちゃんを可愛いと思わせて、保護してあげたいと感じさせます

エンジェルスマイル

とも呼ばれることから、笑顔がどれだけ人を幸せな気持ちにさせ、神秘的かがわかりますね

新生児微笑/生理的微笑

お子さんが、自分を笑顔にしてくれた人を思い出せたら、周囲の人に対する感謝の気持ちも芽生えるでしょうし、自分はこんなに恵まれているんだ、と感じる事ができるのではないでしょうか?

 

是非このフレーズを使って、お子さんに「僕/私は大切にされている」と感じるきっかけを与えてあげてくださいね

「Who made you smile?」にまつわるワンポイント英語レッスン

5W1H 子供へのクエスチョン Whatを使う場合

Who(誰)をWhat(何)に置き換えてももちろん意味は通じます

What made you smile? / 何があなたを笑顔にさせた?

これだと出来事に注目することが出来ます。

 

おやすみ前、いつもよりちょっと余裕がある日があれば、是非、WhoもWhatも両方聞いてみてくださいね。

参考文献

連載:おやすみ前の親子英語&Good night(グッドナイト)英語フレーズとは?
お子さんに「英語好きになってほしい!」そんな声をよく聞きます。英語好きを促す最適な方法は何と言っても、ママやパパがお子さんと一緒に楽しく英語を学ぶことです。「英語って楽しいものなんだよ」というポジティブ・メッセージを送ることが、お子様が英語好きになる一番の方法です! 英語圏のポジティブマインドを言語&フレーズと共に吸収し、英語を話しているときだけでなく、それ以外の生活においてもポジティブ思考で子育てできたらよいですね。前回までの連載でお伝えしてきた英語の褒め言葉や、励まし言葉に続き、本連載では親子英語で使えるポジティブクエスチョンで子供と愉しむ「グッドナイト英語」フレーズをお届けします。ぜひ、夜寝る前や、保育園/幼稚園などの帰り道、一緒にお風呂に入っている時に、ポジティブ・クエスチョンを一日一問。お子様のその答えを、心で、全身で、「聴いて」あげてみてください。お子様は肯定的な気持ちで一日を振り返り、明日に備えることが出来るでしょう。また、親御さんは、たくさんのワクワクに溢れたお子さんの毎日を知ることができる、良いきっかけになると思います。アメリカではGood nightの挨拶の後に、sweet dreamsとつけますが、お子様も、親御様も、幸せな気持ちで床に入り、良い夢をみること間違いなしです

記事をお読み頂きありがとうございました!

みんなの評価: -- (0件)

この記事を執筆したGlolea!アンバサダー

橋元知子(Tomoko Hashimoto)
Glolea! ポジティブ保育英語アンバサダー

ポジティブ保育英語を取り入れた子育てを実践中(3児の母)。親が英語や異文化の楽しさを感じれば子どももこれらを好きになると信じている。保育士免許。英検1級。保育英検1級。英語学習学コーチ。大学にて非常勤講師を勤め、小学校英語教員研修講師としても活躍。共著「すぐに使えるIt's英会話」

お得な無料プレゼントやキャンペーン情報をお届けします![不定期配信]